Zeppライブエンタテインメント企画制作部の橋元恵一チーフプロデューサー

 ソニーミュージックグループのZeppライブエンタテインメントが、女性アイドルを集めたライブイベントを台湾で開催すると発表した。2014年1月18日と19日に「KAWAII POP FES by@JAM in台湾」を実施する。海外でも浸透している「KAWAII」をテーマに日本のアイドルシーンをアジアにも拡大するのが狙い。「SUPER☆GiRLS」や「アップアップガールズ(仮)」など人気アイドル6組が出演する。

 同社は2013年10月26日、アイドルのライブイベント「@JAM the field vol.4」を実施。同イベントの台湾での展開を発表した。10月からは秋葉原に新設された劇場で新人アイドルを紹介するライブを定期開催するなど、アイドルのライブイベントの拡大を続ける。Zeppライブエンタテインメント企画制作部の橋元恵一チーフプロデューサーにその狙いを聞いた。

――アイドルイベントをアジア展開する。

 「10月26日にアイドルを集めたライブ『@JAM the Field vol.4』をSHIBUYA - AXで開催した。『SUPER☆GiRLS』や『でんぱ組.inc』など11組のアイドルグループが出演して2000人を集めた。このイベントを来年、アジア展開する」

――具体的には?

 「@JAMは、秋葉原のカルチャーを紹介しようと2010年に始めた。今年も6月に実施して2日間で5000人を集めたが、会場外のフリーエリアには1万3000人が集まる人気だった。この中でもアイドルに特化しているのが『@JAM the Field 』だ。年に4回ほどのペースで実施している。アジアでは今年5月に『KAWAII POP FEST.』という@JAM名義のアイドルライブイベントを香港で実施した。これを来年1月の台湾を皮切りに本格展開することにした。600人~700人規模のライブハウスに2日間でSUPER☆GiRLS、でんぱ組.inc、東京女子流など人気6アーティストが出演する。2014年の4月から6月くらいにもう1カ所で実施したい」

[画像のクリックで拡大表示]
『@JAM the Field vol.4』には左上から「SUPER☆GiRLS」「アップアップガールズ(仮)」「でんぱ組.inc」「Dorothy Little Happy 」など11組が出演した
(C)@JAM
[画像のクリックで拡大表示]

――狙いは?

 「Zeppライブエンタテインメントは、アジア展開を加速している(「アジア各国に音楽文化の発信拠点を――「Zepp」が海外展開を本格化するワケ」)。シンガポールなどで開催されるアニメイベント「Anime Festival Asia」にも出資しており、アジア展開の基盤を整備しているところだ。AKB48やももクロなどの超人気アイドルはアジアでも人気だが、これ以外のアイドル市場はまだ小さい。アジア圏に一からアイドルシーンを作りたい。アイドルグループの中にはアジア進出を狙うグループも少なくない」