Windows 7の操作と比較する

 これまでの操作を7時代と比べてみよう。ややこしい話になるが、ここを理解すれば8.1の基本操作がしっかりと身に付くはずだ。

 デスクトップ画面でスタートボタンをクリック(タップ)する――。8.1ではスタート画面が現れる。7ではスタートメニューが現れた。そのため

 「7のスタートメニュー=8.1スタート画面」

という図式が成り立つ。ピンとこないかもしれないが、8.1のスタート画面も7のスタートメニューも、よく使うアプリやライブラリなどに簡単にアクセスできるという意味では、ほぼイコールなのだ。

見え方がまったく違うので、よく分からないかもしれないが、スタート画面とスタートメニューの役割は、よく使うアプリなどに簡単にアクセスできるという意味では同じだ
[画像のクリックで拡大表示]

 7ではスタートメニューを表示した後、そこに目的のアプリがなければ「すべてのプログラム」をクリックして、インストールされているアプリの一覧を表示したはず。同様に8.1では、前述の通り画面を上にスワイプするなどすれば、アプリの一覧が表示されるので

 「すべてのプログラム=アプリの一覧」

という図式も当然成立するわけだ。どうだろう、多少強引かもしれないが、このアナロジーがわかれば7以前のユーザーが8.1に移行しても違和感なく使えると思う。

 では、基本の操作を踏まえたうえで、次ページから設定を変更して8.1を使いやすくしていこう。

アプリの一覧画面とすべてのプログラムは、文字通り役割は同じ
[画像のクリックで拡大表示]