「ガシャポン」「ガチャ」などと呼ばれるカプセルトイは、子どものころに何度も買った記憶がある人が多いだろう。以前は子ども向けの玩具が中心だったが、ここ数年は大人がハマる商品が増えているのだ。

 なかでも売れているのは、くすっと笑ってしまうようなユニークなカプセルトイだ。このブームのきっかけになったのは、奇譚クラブが2010年6月に発売した「シリーズ生きる 土下座ストラップ」だ。

 土下座ストラップは、「コレジャナイロボ」などのユニーク玩具を生み出すことで知られるザリガニワークスからの持ち込み企画。「面白そうだから」という理由で作ることになったという。カプセルトイはキャラクター玩具が多いなか「他社にできないものを作る」という奇譚クラブのポリシーにマッチしたのも大きいはずだ。

「土下座ストラップ」(200円)。新人A・B・C(上写真)、平社員A・B(中)、部長、超土下座(下)の7種類のほかに、シークレット1種類がある
[画像のクリックで拡大表示]

 発売してみると、担当者が「こんなに売れるとは思わなかった」というほどの反響だった。一般に大手メーカーでも1種類のカプセルトイの生産数は10万個程度といわれるなか、土下座ストラップは発売から約1年半たった2011年11月時点で累計100万個を超えるヒット作となったのだ。「ヒットした理由ははっきりとは分からない」(奇譚クラブ)というが、「面白い」「ネタになる」と購入した人が多く、Twitterやfacebookといったソーシャルメディアなどで話題になったことも大きい。カプセルトイでも“面白い”ことが受け入れられる下地ができたのだ。

「シリーズ生きる」は現在も人気。「続・土下座ストラップ」などの土下座シリーズのほか、「体育座りストラップ」や「正座」などへと発展。「土下座ストラップ寿」(200円)は結婚式を舞台にしたシリーズ。裏から見ると、それぞれ表情が異なるのが分かる
[画像のクリックで拡大表示]
「正座シリーズ」(300円)は「ボストンテリア」「パグ」「チワワ」「ブルテリア」「ドゴ・アルヘンティーノ」「柴犬」が正座をしている姿だ。それぞれ表情が違うのが面白い。もちろんシークレットもある
[画像のクリックで拡大表示]