この記事は「日経トレンディ2013年9月号(8月3日発売)」から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 エンディングビジネスが乱世に突入している。2012年の人口動態統計では、死亡者数が過去最多を記録し、日本の死亡者数は40年まで増えていく見通しだ。昨年の「流行語大賞」トップ10には「終活」がノミネートされ、イオンが各店舗で開催した終活セミナーには年間約2万人が参加するなど、人々の終活への関心も高まる一方だ。

 旅行大手のクラブツーリズムも、昨年に終活講座を開講し、都内の納骨堂見学ツアーも実施。今年9月からは、規模を拡大して開講する。さらに、インターネットプロバイダーのニフティは6月に“終活サイト”をオープンし、葬儀や墓、遺品整理などの業者と連携。資料請求や見積もり依頼などのサービスを提供するなど、終活には、業界の内外からも熱視線が注がれている。

 終活の根幹をなすのは、生前に葬儀や墓などの準備をしておくこと。葬儀は、異業種の参入が相次ぎ競争が激化する一方、「“供養産業”といわれる墓、葬儀、仏具のなかで最も成熟していなかったのが墓。だがここ数年、多様化が明確になってきたと感じる」と言う業界関係者もいる。変化を続ける墓の最新事情を探った。

[画像のクリックで拡大表示]

人気の埋葬法は“自然志向”

 「○○家之墓」という継承を前提とした代々の墓は、家制度の崩壊や少子化で維持が難しくなっている。「次の世代が守ってくれる保証がない、家族単位の大きな墓石を立てる魅力を感じなくなっている」と、東洋大学ライフデザイン学部教授・井上治代氏は指摘する。

 これらの事情を背景に注目されるのが、後継ぎを必要としない樹木葬墓地だ。残された人に迷惑をかけたくない、死後は自然に返りたいと考える人の増加からも人気を集めている。墓石の代わりに樹木を墓標とするもので、自然葬とも呼ばれる。樹木の下にそのまま遺骨を埋めるケース、骨つぼや専用の袋に入れて納めるケースもある。

 都立の小平霊園で募集した、ネムノキなどの落葉樹の下に共同埋蔵施設を設けた「樹林墓地」は、昨年の募集で約16倍の人気に。「500の募集に対して、応募が8169。そのうち生前申し込みが7067もあった」(小平霊園)。7月に募集した今年度も高倍率が予想されており、各地の市町村などから視察が相次いでいるという。公営墓地のみならず、民営墓地、寺院墓地にも樹木葬墓地という選択肢は増えている。

 樹木葬墓地
 墓石の代わりに樹木をシンボルにした埋葬方法で、99年に岩手県の寺院が誕生させたのが最初だ。死後は自然に返りたいと考える人などに受け入れられている。墓石がいらないぶん、墓を購入するのに比べると、費用は圧倒的に安く済む。樹木の下に個別に埋葬する方法、共同で埋葬する方法、埋葬した付近に名前を刻んだプレートを設置し、周辺に樹木を植える方法など、多様なケースがある。継承者がいなくても購入できる。
[画像のクリックで拡大表示]
小平霊園樹林墓地は12年に完成。墓地内にコブシなどが植えられ、献花は手前の献花台でする
[画像のクリックで拡大表示]
27基の埋蔵施設のうち、どこに遺骨が埋まっているかはわかる
[画像のクリックで拡大表示]
この穴を下りた先にある埋蔵施設に遺骨を安置する
[画像のクリックで拡大表示]
墓地の断面図(イメージ)
[画像のクリックで拡大表示]