この記事は「日経トレンディ2013年8月号(7月4日発売)」から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 LED照明をはじめ、家電やインテリア、生活雑貨まで、さまざまな商品を製造販売するアイリスオーヤマ(本社、仙台市)のLEDシーリングライト「エコハイルクスPHシリーズ」。

 12年度の「省エネ大賞」(省エネルギーセンター主催、経済産業省後援)を、LEDシーリングライトとしては業界で初めて受賞した。

 受賞の理由は、高い節電性能にある。PHシリーズは、LEDシーリングライトの節電性能を示す固有エネルギー消費効率が、最も高いモデルでは125lm(ルーメン)/Wと、業界でも群を抜く。消費電力は、同等の明るさの製品と比べて2~3割も低い。

 ホームセンターへの製品供給で地盤を築いたアイリスオーヤマは、LED電球を初めて売り出したのが09年8月、LEDシーリングライトが11年11月と業界では後発。それまで照明機器での目立った実績があったわけではないが、僅か数年でLED照明では大手と肩を並べる存在に成長した。

 同社常務で研究開発本部長の大山繁生氏は、今回の受賞の背景について、「開発スピードの速さ」を挙げる。

 「LEDチップは3カ月で性能が向上する。当社は国内外の優秀なチップをいち早く集めて評価し、製品化している。開発スピードが速ければ、それだけ性能の良いチップが使える」(大山氏)。「伴走方式」と呼ばれる独特な開発スタイルがそのスピードを支えている。伴走方式では、設計、試作、評価、特許などの部署が初めから企画に参加し、同時並行的に仕事を進めるため、短期間に製品化できるという。

【LEDシーリングライト】
エコハイルクス CL8DL-PHSL(アイリスオーヤマ)
実勢価格2万2300円

節電機能で省エネ大賞受賞
合格レベルの演色評価数

 12年度省エネ大賞で資源エネルギー庁長官賞(節電賞)を受賞。実勢価格1万円以下もある同社製品では上位モデルだ。高効率のチップを採用し、固有エネルギー消費効率を1W当たり115lmに高めた。電球色と昼光色のLEDを持ち、調色にも対応。中間色での演色評価数は、合格レベルの80を確保。下写真のように食品の見え方は自然だ。
●サイズ・重さ/直径650×厚さ115mm・3.4kg●対応畳数/8畳まで●全光束/3800lm●光色/2800~6000K●演色評価数/ 80Ra(中間色)●消費電力/約33W
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

【人感センサー付きLED電球】
エコハイルクス LDA6N-H-S5(アイリスオーヤマ)
実勢価格2980円

人の動きに反応して自動で点灯
消し忘れを防いで節電

 LED電球でアイリスオーヤマが先行したのが、廊下やトイレに用いる人感センサー付き。人の動きに反応して自動で点灯し、離れると3分後に緩やかに消灯。150ルクス以上の明るい場所ではつかない。当初は飛び出していたセンサー部分を本体内に収め、一般白熱電球と同じサイズに小型化。使う照明器具を選ばない。
[画像のクリックで拡大表示]
点灯しても人感センサーの部分は光らないが、明るさは他のLED電球と大差ない
[画像のクリックで拡大表示]