食品衛生法でレバ刺しの販売・提供が禁止された2012年夏は、コンニャクなどを使った“レバ刺し代替食品”が発売され人気を集めた。今、そうした代替需要が高まっているのが、価格高騰で客離れが起こっているといわれるウナギの蒲焼き。2012年からアナゴやサンマ、豚バラ肉やナスなど、さまざまな代替食品の蒲焼きが発売されている。

 そんななか、丸大食品が2013年7月8日、鶏肉をウナギの蒲焼きのような形状に仕上げた国内初となる新商品「鶏肉の蒲焼き」を発売した。

 水産庁の調査によると、2012年のウナギ稚魚の取引価格は1キロあたり約215万円と、2006年の約8倍という記録的な高値を記録。2013年はニホンウナギ稚魚の仕入れ量が2012年より21%も減少し、取引価格は約248万円とさらに高騰している。スーパーなどで売られているウナギは現在、1人前(1串/70~100g)がPB製品で1パック1000円前後、一般製品なら1500円前後、専門店の国産ウナギだと2000円以上する。家族全員で食べるとなると、かなりの出費だ。需要が高まる土用の丑の日(2013年は7月22日、8月3日)を控え、スーパーなどの売り場では別の食材を使った手ごろな“ウナギ代替品”ニーズが高まっている。

 丸大食品ではウナギの稚魚不漁による高騰が見え始めた4年前から代替品の開発に着手。「『丑の日には家族で蒲焼きを食べたい』という願いを叶えたいという思いから、発売にこぎつけた。新たな形の蒲焼きのひとつとして提案し、土用の丑の日を盛り上げたい。お客様の反応を見て好評であれば、通年で販売していきたい」(丸大食品 マーケティング部 商品企画一課課長 藤本博章氏)という。

 1人前(100g)380円という価格はたしかに魅力だが、気になるのはその中身と味。どこまでウナギの蒲焼きに迫っているのか。

「鶏肉の蒲焼き(100g+タレ20g)」(380円)。7月4日~8月10日の期間限定販売で、目標は6万パック
[画像のクリックで拡大表示]
水産庁の発表資料(2013年7月2日)によると、2013年のニホンウナギ稚魚の池入れ量(確定値)は12.6トンで前年の79%となった。その内訳は国内の採捕が5.2トン(前年の58%)、輸入が7.4トン(前年の107%)。※輸入量(2012年12月~2013年5月)は貿易統計の「うなぎ(養魚用の稚魚)」を基に輸入先国や価格から判別したニホンウナギ稚魚の輸入量。採捕量は池入れ量から輸入量を差し引いて算出。池入れ量及び取引価格は業界調べ
[画像のクリックで拡大表示]