IBMのロータス1-2-3ホームページより
[画像のクリックで拡大表示]

 日本IBMから発売されている「Lotus 1-2-3(ロータス1-2-3)」が、2013年6月11日で営業活動を終了。1年3カ月後の2014年9月30日にサポートを終了することが明らかにされた。

 対象となるのは、「IBM Lotus 1-2-3 Millennium Edition」「IBM Lotus SmartSuite」「Organizer」の3製品。年間継続サポート用のパーツに関しては、2013年9月11日まで販売するという。

販売自体は既にストップ…サポート期間はどうなる?

 ロータス1-2-3は、1983年の発売以来、ちょうど30年目の節目にその使命を終えることになった。

 日本IBMでは、今回のサポート終了の理由を、「米IBMコーポレーションのビジネス判断によるもの。ロータス1-2-3を含むSuper Office(スーパーオフィス)は、すでに開発を終了し、市場への販売も行っていない。また、稼動対象のデスクトップOSは、Windows XPが最後で、それ以降には対応していない」と説明。マイクロソフトのWindows XPは2014年4月でサポート期間を終了するが、その半年後にはロータス1-2-3もサポート期限を迎えることになる。

 IBMでは、同社ソフトウエア製品を対象にしたサポート体系として「パスポート・ア ドバンテージ」を設定している。これは原則として、製品の出荷日から最低5年を標準サポート期間とし、有料で3年間の拡張サポート期間を設けたもの。つまり合計で8年間がサポートを基本となっている。また、サポート期限の終了は4月、9月に統一されており、サポート終了日は12カ月前に告知している。

 今回のサポート終了に関する告知は2013年5月14日だったわけだが、サポート期間の終了はこのパスポート・アドバンテージにのっとることになる。

日本国内だけで、1986年から3年間で約25万本を出荷

 いまさらながら、ロータス1-2-3とは何か。

 これは、1993年に米国のミッチ・ケイバー氏が開発した表計算ソフトだ。

 のちにNotes/Dominoを投入するロータス社の代表的製品の1つで、表計算市場においては、米国で60%以上のシェアを誇ったヒット商品だ。ロータス社はロータス1-2-3により、ソフトウエアメーカーとしての地位を確固たるものとした。

 最大の特徴は、製品名の「1-2-3」に当てはまるように、表計算、データベース、グラフ作成の3つの機能を搭載しながら、当時最速と言われた計算能力を持っていたことだろう。さらにアドインソフトの充実によって幅広いニーズに対応。また、マルチプラットフォーム戦略にもいち早く着手し、MS-DOSやWindows、OS/2、UNIXなどにも幅広く対応していた。ただその中で、Windows対応には慎重で、ロータス1-2-3のWindows対応は、Windows 3.0まで待たなくてはならなかった。

 日本においては、1986年の日本法人設立にあわせて、日本語版を発売。当時、米ロータスのジム・マンジ会長は、「1984年から日本市場参入を検討した。かつて、私自身も日本の企業のコンサルタントとして働いていた経緯もあり、それが日本市場への参入に役立った」ともコメント。1-2-3を引っ提げて、万全の体制で日本上陸を果たしたことを明らかにしていた。

 ロータス1-2-3は、1986年の発売から3年間で、日本国内だけで約25万本を出荷。5年間では50万本以上の出荷実績を持ち、国内市場においても、表計算ソフトのベストセラーとなっていた。

 1991年には、当時、ワープロソフトで国内ナンバーワンシェアとなっていたジャストシステムの一太郎と、表計算ソフトで国内ナンバーワンであったロータス1-2-3をセットにした統合ソフト「Harmony」を、ジャストシステムとの共同開発で発売。当時、マイクロソフトが発売していた統合ソフトのワークスなどに対抗し、日本で受けていた統合ソフトブームのなかで存在感を発揮した。

 
ソースネクストのロータス1-2-3のホームページより
[画像のクリックで拡大表示]