キヤノン

PowerShot SX280 HS

発売日:2013年4月25日

実勢価格:2万8000円

 キヤノンが4月に発売した「PowerShot SX280 HS」は、20倍ズームレンズ、Wi-Fi、GPS、フルHD動画撮影機能といった注目機能を多く盛り込んだ高倍率ズームコンパクトデジタルカメラだ。「動画コンパクト、始動。」というキャッチコピーからも分かるとおり、動画撮影機能の進化が大きなアピールポイント。同社のコンパクトモデルでは初となる60p対応のフルHD動画撮影が可能で、これまでの30pに比べて動きのなめらかさと解像度の両方が進化している。

 手ぶれ補正も進化している。これまでの光学式手ぶれ補正機構が写真撮影時に働くのはもちろん、動画撮影時には電子式も組み合わせたハイブリッド補正となり、5軸の補正が可能な高精度なものに進化した。これらを実現した大きなポイントが、最新の画像処理エンジン「DIGIC 6」の搭載だ。まだデジタル一眼レフカメラにも採用されていない最新エンジンをいち早く採用することで、高感度画質や動画の画質などがこれまでと比べて向上しているという。

レンズのスペックは、2012年3月発売の従来モデル「PowerShot SX260 HS」と変わらない。デザインは全体にオーソドックスで、本体カラーはブラックのみとなる
[画像のクリックで拡大表示]
背面には大型モードダイヤルを搭載。本体の大きさを生かし、ボタン類も全体に大きめだ
[画像のクリックで拡大表示]

 本体を実際に手にすると、しっかりした高級感のある造りであることが手に伝わってくる。ボディー前面のグリップがかなり下に位置しており、シャッターボタンもボディサイド側に寄った配置なので、握りをかなり浅めにしてグリップを指先で握るようなホールド感となる。

 AFによるピント合わせなどは、このクラスのカメラでは標準的な速さであり、不満は少ない。動画撮影中の静止画撮影はできず、豊富に用意されたマニュアル機能も、感度や絞り、シャッター速度が動画撮影時には使えなくなってしまうのが残念といえる。

東京駅の構内を撮影。ISO感度が640まで上がったが、ノイズの量はごく少なく、粒子も小さいもの。切れ込むようなシャープさではないが、高感度での撮影であることを感じさせない(ISO640、1/30秒、F3.5、25mm相当)
[画像のクリックで拡大表示]
街角で見かけた猫を撮影。ピント合わせも快適で、猫に近づくことなく撮影できるのでシャッターチャンスが広がると感じられた。もう少し立体感が感じられる再現だということなし(ISO160、1/125秒、F5.6、298mm相当)
[画像のクリックで拡大表示]
動物園でプレイリードッグを撮影。夕日が差し込む条件での撮影だったが発色がニュートラル。毛の質感はちょっぴり硬めに感じられるが直射日光の当たる顔の部分と影の部分のコントラストも適切でリアルな再現だ(ISO320、1/160秒、F6.8、-0.7補正、500mm相当)
[画像のクリックで拡大表示]