オリエントコーポレーション(オリコ)とビザ・ワールドワイド(Visa)が2013年5月16日、オリコ/Visa「Visa payWave 共同発表会」を開催した。Visaによる非接触型決済ソリューション「Visa payWave」を搭載したクレジットカード「OricoCard Visa payWave」を開発し、5月17日からオリコWebサイト限定でユーザー募集を開始する。年会費1312円(初年度無料)で、年1回のショッピング利用で次年度は無料となる。初年度1万枚の新規加入を目指す。

国際的に普及するVisa payWave

 Visa payWaveが搭載されたクレジットカードを使うと、読み取り機にカードをかざすだけで決済できる。現金決済よりスピーディな決済、ICカードを用いたカード決済の仕様を定めた国際標準であるEMV仕様に準拠した高い安全性をもっているのが特徴だ。即時払い扱いのデビットカード、前払いのプリペイドカードにも搭載可能。カード型だけでなく、NFC対応スマートフォンやキーホルダー型端末など様々な形態で利用できる。利用できるのは、Visa payWaveに対応した読み取り機が設置されている店になる。

 現在、世界41カ国と地域で利用されており、海外でも広く利用できる。米国、カナダ、シンガポール、韓国、香港、台湾、オーストラリア、フランス、英国など、日本人の主な海外渡航先は中国を除いてほぼカバーされている。例えばシンガポールやオーストラリアでは、主要なスーパーやドラッグストアなどで広く利用されている。また英国では、昨年のロンドンオリンピックにあわせて14万以上の加盟店で利用できるように整備され、さらにオリンピック会場で唯一利用できる非接触決済サービスとしても利用された。

スピーディな決済と海内でも安全に使えるのが魅力

 「OricoCard Visa payWave」は、接触ICと非接触ICをひとつにしたデュアルインターフェースICカードになっている。従来のような接触IC決済サービスで使うことも、Visa payWaveの非接触IC決済サービスで使うこともできるクレジットカードだ。

 ユーザーにとっては、まず日本国内に限らず海外でもそのまま非接触IC決済サービスを利用できることがメリットになる。さらに海外加盟店でのショッピング利用分はポイントが2倍となり、海外旅行傷害保険も付帯されている。また対応カードや端末を読み取り機にかざすだけで決済ができるため、相手にカードを渡す必要がなく、スキミングなどの被害に強いという。こうした特徴があるため、まず海外への出張や旅行が多い人向いているという。

5月17日から会員の募集を始めた「OricoCard Visa payWave」は、接触ICと非接触ICをひとつにしたICモジュールを採用している
[画像のクリックで拡大表示]
使い方は、現在日本国内で普及している「おサイフケータイ」などの非接触型ICカード決済と同様に読み取り機にかざすだけ。スピーディな決済ができる
[画像のクリックで拡大表示]