2013年4月27日、28日の2日間、千葉・幕張メッセで開催されたニコニコ超会議2。「ニコニコ動画のすべて(だいたい)を地上に再現する」ことを命題に、多くの企画が展開された。中でも来場者を集めていたのが「自衛隊」ブースだ。ブースの真ん中には、陸上自衛隊が誇る最新式戦車「10式戦車」(ひとまるしきせんしゃ、関連記事:最新鋭「ヒトマル式戦車」に乗ってきた)を展示。昨年に続き2度目の出展となる陸上自衛隊に加え、今年は海上自衛隊、航空自衛隊も参加した。

 この記事では、盛り上がったブースの様子を紹介。さらに記事の後半では、ニコニコ超会議2開催前日の深夜、幕張メッセで展開された“10式戦車搬入作戦”をレポートする。

コスプレやトークショーが盛況

 自衛隊ブースで目を引いたのは、なんといっても10式戦車だ。自衛隊は近年、自衛隊の活動をより多くの人に知ってもらうために積極的に情報を発信している。その一環で、陸上自衛隊はニコニコ動画に公式チャンネル「陸上自衛隊広報チャンネル」を開設。ニコニコ超会議にも昨年から参加している。昨年は活動を報告するパネルや高機動車の展示、来場者が陸上自衛隊の制服を着て写真を撮影してもらえる「コスプレ撮影会」などを企画して、多くの来場者を集めた。2回目となる今年は「去年以上に充実した内容に!」との意気込みから、10式戦車の展示を決めたという。

自衛隊ブースには、昨年参加した陸上自衛隊に続き、今年は海上自衛隊、航空自衛隊も参加。陸、海、空の揃い踏みとなった
[画像のクリックで拡大表示]
10式戦車を前に、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊それぞれがトークショーを開催。いずれもたくさんの来場者が集まった
[画像のクリックで拡大表示]
制服を着て写真を撮影してもらえる「コスプレ撮影会」には、来場者が長蛇の列を作っていた
[画像のクリックで拡大表示]
装備品を展示したり、防弾チョッキを試着させてくれるコーナーも。10キロ以上ある防弾チョッキを来た女性は「重い-」と言いながら、足下がおぼつかない様子
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに今年は海上自衛隊、航空自衛隊も参加。陸、海、空が揃ってパネルや装備品などを展示し、自衛官が来場者への説明にあたった。各日定刻には、陸・海・空それぞれにトークショーも開催。陸上自衛隊は10式戦車の開発担当者が、海上自衛隊は潜水艦乗員が、航空自衛隊は広報担当者とブルーインパルスのパイロットが、普段はなかなか聞くことができない“裏話”を披露した。27日には、安倍晋三総理も来場。ブースの自衛隊員を激励した後、10式戦車に乗り込むシーンもあった。

海上自衛隊と陸上自衛隊は装備品などを展示。自衛官が説明していた
[画像のクリックで拡大表示]
27日には安倍晋三総理が来場。ブースにいた自衛官は敬礼で迎えた。総理は10式戦車にも乗り、来場者や取材する報道関係者に手を振った
[画像のクリックで拡大表示]

 今回、初めてニコニコ超会議に参加した海上自衛隊の広報担当者は「観艦式の生中継などでニコニコ動画とは関係ができている。今回、実際に超会議に参加して、来場者に活動をアピールしたい」とコメント。航空自衛隊の広報担当者も「(航空自衛隊を舞台にした)テレビドラマ『空飛ぶ広報室』で自衛隊に関心を持ってくれる人もいる。でも、ニコニコ超会議の来場者はその層の人たちとも違うよう。より多くの人に活動の説明ができるのは意義がある」と手応えを感じているようだった。

陸上自衛隊の公式キャラクター「タクマくん」と「ユウちゃん」は、女性自衛官とともに会場を回って来場者に呼びかけた
[画像のクリックで拡大表示]
ブース内には在日米陸軍のコーナーも。在日米軍兵が来場者との記念撮影に応じたり、バンド演奏などを披露した。「我々にも陽気な面がある。“軍人”を知らない日本人に、我々だって戦争ばかりしているわけじゃないというところを知ってほしい」と、在日米陸軍広報担当者
[画像のクリックで拡大表示]