ペンタックスリコーイメージング

GR

発売日:2013年5月下旬

予想実勢価格:9万9800円

 この春の注目デジカメの1つが、ペンタックスリコーイメージングが2013年5月下旬に発売する高級コンパクトデジカメ「GR」だ。携帯性に優れるスリムボディーや伝統のデザイン、柔軟なカスタマイズ性能などの特徴を継承しつつ、撮像素子をAPS-C型に大型化。従来モデルと比べ、画質やボケ味がどれだけ向上したのかに注目が集まっている。

ひと目で「GR」と分かる前面。幅とグリップがやや大きくなったものの、基本的にこれまでのGR DIGITALと同じデザインを踏襲。華美なメッキなどの装飾がなく、飽きのこないたたずまいは健在だ
[画像のクリックで拡大表示]
背面は、オートフォーカス関連のレバーやボタンが新設され、再生ボタンの位置が変わった。3型の液晶モニターは約123万ドットと精細で、表面はキズの付きにくい加工が施される。視野角も広く、角度が付いても内容をしっかり確認できる
[画像のクリックで拡大表示]
レンズ部分の張り出しはやや大きくなったが、電源オフ時でも沈胴しない固定式レンズのデジカメと比べれば圧倒的にスリムだ。内蔵ストロボやホットシュー、楕円形のシャッターボタンは従来通り
[画像のクリックで拡大表示]
ロック機能付きのモードダイヤルには、ペンタックスのデジタル一眼でおなじみの「TAv」モードを追加。絞りとシャッター速度を固定しつつ、状況によってISO感度をカメラが自動設定するモードだ
[画像のクリックで拡大表示]
35mmクロップモードを選べば、35mm相当での撮影が可能。28mmでは広すぎると感じるシーンで便利に使える
[画像のクリックで拡大表示]
撮影時の画面に表示する情報も細かくカスタマイズできる。このあたりの配慮はGRならではといえる
[画像のクリックで拡大表示]
ノイズリダクションの効き具合は3段階で、それぞれISO感度がどれだけ高くなったら有効にするかを細かく設定できる
[画像のクリックで拡大表示]