※この記事は日経エンタテインメント!(5月号)の記事を転載したものです。購入はこちら

 テレビ朝日の好調が続くなか、各局の4月改編ラインアップが出そろった。各番組、様々な角度からのアピール合戦が行われているが、深夜帯に気になるプロジェクトがある。TBS系列のCBC(中部日本放送)で4月17日にスタートする深夜ドラマ『ムッシュ!』がそれだ(TBSは4月22日開始)。

 ストーリーは、経営難から閉店寸前に追い込まれたカフェレストランを、天才シェフが立て直していくというもの。分かりやすく言ってしまえば、三谷幸喜の『王様のレストラン』のようなシチュエーションコメディだ。主演はEXILEのKEIJI。高校の調理科を出て、調理師免許を持っていることから白羽の矢が立った。

ムッシュ!
『ムッシュ!』のメインキャスト。左から磯村洋祐、坂田梨香子、阿南健治、KEIJI、町田啓太、春川恭亮。町田、春川、磯村は劇団EXILEのメンバー。CBC・4月17日スタート、23時58分(TBSは4月22日スタート、26時42分)
[画像のクリックで拡大表示]

 このドラマの注目ポイントは、企画段階からリクープ(費用の回収)を狙って立ち上げた製作委員会で作られること。『モテキ』や『勇者ヨシヒコ』シリーズで知られるテレビ東京の「ドラマ24」枠のように、製作委員会方式を取り入れているドラマはすでに存在しているものの、ほとんど回収できていないのが実情だ。放送前から二次的展開を決め込むケースもないに等しい。しかも今回は幹事会社がCBC。地方局が音頭をとっている点も珍しい。

 企画の立ち上げについて、安部正実プロデューサーはこう話す。

 「かつてCBCは昼ドラマを制作していたのですが、09年の1月期で終了。復活のチャンスを探っていましたが、制作環境は厳しくなるばかり。でも(複数の会社が出資する)製作委員会を組めば、地方局でも実現できると思い、動き始めました」

 「CBCの昼ドラ」といえば、井上真央の出世作となった『キッズ・ウォー』シリーズなどを送り出してきた枠。終了の主な理由はコスト削減と言われている。そんなこともあり、09年を境に同局の全国ネット連ドラ枠は姿を消した。