油を使わずに唐揚げやとんかつが作れるという調理家電「フィリップス ノンフライヤー」が話題となっている。フィリップス エレクトロニクス ジャパンが2013年4月下旬発売予定で、予想実売価格は2万9800円前後だ。日本輸入代理店の小泉成器を通じて、全国の家電量販店や通信販売などで販売する。

 これまでにない新しいタイプの製品だが、その実力を見てみよう。

2013年2月に行われた製品発表会にはノンフライヤーのイメージキャラクターを務めるモデルの中林美和さんとモデルでタレントの神田うのさんが参加
[画像のクリックで拡大表示]

 ノンフライヤーは調理皿が引き出しのようになっており、中のバスケットに素材を置いて調理する。調理皿の上部にヒーターが設置されており、さらにその上部から下に向かって風を送る。バスケット下部にあるヒトデの形をした「スターフィッシュ」デザインが、熱風を上部に巻き上げることで、高速かつ均一に加熱するという仕組みだ。

調理皿が引き出しのようになっている
[画像のクリックで拡大表示]
中にバスケットが入っており、食材をそこに載せて調理する
[画像のクリックで拡大表示]
バスケットの上部にはヒーターが設置されている
[画像のクリックで拡大表示]
ヒーター上部からの風を、バスケット下部の「スターフィッシュ」デザインによって巻き上げる仕組みになっている
[画像のクリックで拡大表示]

 加熱の際に食材に含まれている油分が浮き出して表面を包み込み、油で揚げたようなサクサクした食感になるとのこと。温度設定は80度ら200度まで20度刻みで、タイマーは1分から30分まで1分刻みで設定できる。22品目のレシピを同梱し、ウェブサイトでも13品目のウェブ限定オリジナルレシピを公開している。ウェブサイトのレシピは随時追加していく予定だ。

 フィリップス エレクトロニクス ジャパンのダニー・リスバーグ社長は、「男性用シェーバーなどの『メンズグルーミング』、『オーラルヘルスケア』、オーディオ製品などの『ライフスタイル』という3つのカテゴリーで商品を展開してきたが、新たに『キッチン』を加えた4つのカテゴリーを柱にビジネスを展開していく。ノンフライヤーは油を使わずに揚げ物ができる画期的な商品だ」と自信を見せる。

 さらに、同社コンシューマーライフスタイル事業部 マーケティング部の堤雅夫部長は「健康志向の高まりを見せている一方で、日本人はフライドチキンや唐揚げ、とんかつ、コロッケなどの揚げ物が大好き」という。

フィリップス エレクトロニクス ジャパンのダニー・リスバーグ社長
[画像のクリックで拡大表示]
ノンフライヤーに同梱されるレシピブックを紹介する、フィリップス エレクトロニクス ジャパン コンシューマーライフスタイル事業部 マーケティング部の堤雅夫部長
[画像のクリックで拡大表示]

 「調査によると日本人の約65%の人が週2回以上揚げ物を食べている。ノンフライヤーは、子どもに大好きな揚げ物を食べさせてあげたい、でも健康が心配というお母さん方のジレンマを解決する商品だ」(堤氏)

内閣府食育推進室が実施した「食育の現状と意識に関する調査」(平成22年度)によると、油を多く使った料理(揚げ物や炒め物など)を1日に2回以上食べる日が週に2回以上あると答えた人が全体の約65%に上ったという
[画像のクリックで拡大表示]

 ノンフライヤーは「エアフライヤー」という名称で、2010年9月に欧州で発売された製品だ。2011年後半からはアジア諸国にも販売を広げ、中国や韓国、台湾、香港などで人気となっている。現在は世界40カ国で販売されており、累計販売台数は100万台を突破したという。