2013年1月1日、初の元旦営業を行う渋谷ロフトが「ヒット予測福袋」(全18種類)を発売する。

 福袋といえば前のシーズンの売れ残りを集めておトクな価格で提供する“在庫処分”的なイメージがあるが、「今回の福袋に入っている商品は全て店頭で販売されている現行品」(ロフト渋谷営業企画部の藤野秀敏部長)。それら“旬”の商品がどの福袋にも販売価格(5250円)の3倍程度入っているという。

 さらに、今回の福袋の特徴は特定のブランドや商品ジャンルではなく、“テーマ”に基づいてさまざまな売り場から個性的な商品を集めていること。

 日経トレンディ12月号「2013年ヒット予測ランキング」で発表された1位~20位のうちの18テーマ(「日本流ロングトレイル」「でぶ犬予防サービス」「七変化ウォーターフレーバー」「サブクリ通販」など)に合った商品を、渋谷ロフトの各ジャンルのバイヤーがそれぞれの視点でセレクト。それをテーマごとにパッケージして販売する。2013年に話題になりそうな商品を一気に“先物買い”できるわけだ。

渋谷ロフトが元旦に300個限定で発売する「ヒット予測福袋」は全18種類
[画像のクリックで拡大表示]
日経トレンディ12月号「2013年ヒット予測ランキング」で発表された1位~20位のうちの18テーマに合った商品を、渋谷ロフトの各ジャンルのバイヤーがそれぞれの視点でセレクト。それをテーマごとにパッケージして販売する
[画像のクリックで拡大表示]