パナソニックが2012年10月26日に発売するモバイルノート「Lets'snote AX2シリーズ」。同社初の「ウルトラブック」であり、ディスプレイが360度回転してタブレットPCとしても使える1台2役のパソコンだ。軽量、長時間駆動、頑丈といったLets'snoteシリーズの特徴もしっかりと押さえている。

 2012年10月26日の「Windows 8」の発売に合わせて、パソコンメーカー各社からタッチパネルを搭載したモバイルノートが続々と発表されている。Lets'snote AX2シリーズもその中の1つだ。競合製品と比べてLet'snote AX2シリーズはどこが優れているのか。実機を基にその実力を探った。

パナソニックが2012年10月26日に発売するノートパソコンとタブレットPCの両方で使える「Let'snote AX2シリーズ」。今回はCore i5-3427U(1.8GHz)を搭載する「CF-AX2LEABR」を使用して使い勝手を確かめた
[画像のクリックで拡大表示]
ヒンジ(ちょうつがい)がリングノートのように360度回転して、上写真のノートパソコンの形状から下写真のタブレットPCに変わる
[画像のクリックで拡大表示]
※編集部注:試作機でテストしています。実際の製品とは異なる部分がある可能性があります。