マイクロソフトの新しい基本ソフト(OS)「Windows 8」の発売日、2012年10月26日が近づいてきた。各社からはWindows 8を搭載したパソコンの新製品が続々と発表されている。その中でも注目はWindows 8の特徴であるタッチ操作ができる製品だ。今回取り上げるソニーの「VAIO Duo 11」もそのひとつ。ディスプレイをスライドするとキーボードが現れる仕掛け(ギミック)が特徴だ。タブレットPCとノートPCの2通りの形状で使える。

 タブレットPCではあるが、インテルが提唱する「ウルトラブック」の規格に準拠する。厚さは約17.85mm、重さは約1.305kg。フルハイビジョン解像度の11.6型ワイド液晶は、タッチ操作だけでなく、デジタイザースタイラスペンによる手書きもサポートする。

 VAIO Duo 11はWindows 8のタッチ操作を存分に生かせるのか、実機を基に検証したい。

フルHD解像度の11.6型ワイド液晶を備える「VAIO Duo 11」(10月26日発売、予想実勢価格15万円前後)。ディスプレイを上にスライドさせると、キーボードが現れてノートパソコンとして使える
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]