2012年9月20日に千葉・幕張メッセでスタートした東京ゲームショウ2012のイベントステージで、グリー代表取締役社長の田中良和氏が「スマートデバイスがもたらすソーシャルゲームの進化」と題する基調講演を行った。

グリー代表取締役社長の田中良和氏
[画像のクリックで拡大表示]

 田中社長は、「1年前に比べて、スマートフォンの普及が劇的に進んだ」と語る。

 「通信インフラが整ってハードの性能が高まったことでソーシャルゲームの分野ができた。これまでコンソールやPC、モバイルと別々の進化を遂げたが、モバイルとPCの垣根が曖昧になっていくのが今年のトレンドだと思う。スマートフォンとPCが融合した新しいプラットフォームができていく」

 ハードウエアの進化や通信インフラの高速化によってソーシャルゲームも進化したと田中社長は語る。

 「ゲーム性やストーリー性を付加しても、『重い』とか『遅い』と思わせずにプレーできるようになった。ソーシャルゲームはアクションや育成が中心だったが、RPGなどもできるようになった」(田中社長)

「よりゲーム性やストーリー性が求められる」(田中社長)
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォンのハードウエア性能が上がったことで、「新しいストーリー性やゲーム性を持ったゲームに取り組んでいる」という。

 「HTMLではなくネーティブで動かすことで、よりリッチな表現ができるようになった。クオリティーも普通のゲーム機と変わらないため、さまざまなゲームジャンルを開拓できる。新たなゲームデザインが求められており、ソーシャル性をさまざまなゲームデザインに盛り込んでいくことが、ゲーム人口を拡大するカギだと思う」(田中社長)。

 田中社長は、新たに「ソーシャル発のコンテンツを作ることに取り組んでいる」と語った。

 「(ソーシャルゲームを)アニメ化したり、グッズを作る中で、よりファンを増やしたい。ソーシャルゲームをスマートフォンで楽しむのも重要だが、そのキャラクターや世界観を愛していただける方を増やしたい」