※この記事は日経エンタテインメント!(10月号)の記事を転載したものです。購入はこちら

 7月25日に「ソーシャルテレビ・アワード2012」の発表贈賞式が行われ、大賞にドラマ『SPEC~翔~』(TBSテレビ)が輝いた。日経エンタテインメント!賞は『ZIP!』(日本テレビ)、日経デジタルマーケティング賞は『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京)、特別賞は『NEWS WEB 24』(NHK)が、それぞれ受賞した。

ソーシャルテレビ・アワード2012受賞者
左から『NEWS WEB 24』橋本奈穂子アナ、『ワールドビジネスサテライト』森本智子アナ、『SPEC』今井夏木プロデューサー、『ZIP!』桝太一アナ
[画像のクリックで拡大表示]

 ソーシャルテレビ・アワードは、日経エンタテインメント!と日経デジタルマーケティングの2誌が共同で創設したもので、今年が初開催となる。

 ここ数年、テレビ番組の制作サイドは、ツイッターやFaceb ookといったソーシャルメディアを情報発信のツールとして積極的に利用してきた。最近ではさらに、ソーシャルメディアを技術的に連動させて、ユーザーの声を番組内に取り入れる動きが目立っている。ロンドンオリンピックが「ソーシャル五輪」と呼ばれたように、視聴者や選手によるソーシャルメディア上での情報発信がきっかけで、テレビを見るなどの行動につながったケースは少なくない。

 こうしたテレビの視聴パターンの変化に合わせ、テレビとソーシャルメディアを連携させた未来形の番組をクローズアップすることを目的に、本アワードを創設した。

ソーシャルテレビ・アワード2012受賞番組
番組名/放送局 ジャンル 選出理由
大賞 SPEC~翔~
TBSテレビ
ドラマ
単発
データ放送でツイッターのタイムラインを表示、放送時間中の投稿数は1分当たり平均231件と、受賞番組中で最多を記録 【1】
日経エンタ
テインメント!賞
ZIP!
日本テレビ
情報
レギュラー
SNS投稿を前提にしたスマートフォン向け「ZIP! カメラアプリ」の配布を2012年4月に開始、選考時点で20万人以上が利用 【2】
日経デジタル
マーケティング賞
ワールドビジネス
サテライト

テレビ東京
ニュース
レギュラー
番組公式Facebookページのファン数が15万人超で1位。SNSから寄せられた質問にコメンテーターが答える「WBSソーシャル」も定着 【3】
特別賞 NEWS WEB 24
NHK
ニュース
レギュラー
ツイッターで寄せられた投稿を、放送画面内に表示して紹介したり、キャスターが読み上げるなど、SNS連携を前提とした構成 【4】
【1】
【2】
【3】
【4】
データ放送でのSNS表示、スマートフォンアプリ、Facebookページ、ツイッター連携など、ソーシャルテレビの取り組みは多岐にわたる
[画像のクリックで拡大表示]