交換レンズは2本と最小限だが、EFレンズへの対応が魅力

 専用の交換レンズは、35mm判換算で35mm相当のパンケーキレンズ「EF-M22mm F2 STM」と、28.8~88mm相当の標準ズームレンズ「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」の2本を用意する。いずれもチタン色の金属外装で高級感は十分だが、2本しかないのは心許ない。

単焦点レンズ「EF-M22mm F2 STM」。厚みは23.7mmと、とてもスリムだ。35mm判換算の焦点距離は35mm相当となる。希望小売価格は3万1500円
[画像のクリックで拡大表示]
標準ズームレンズ「EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM」。35mm判換算の焦点距離は28.8~88mm相当となる。希望小売価格は3万6750円
[画像のクリックで拡大表示]

 専用レンズの不足を補う存在が、別売のマウントアダプターだ。EOS Mに装着することで、EOSシリーズ用の交換レンズ(EFレンズ)のほとんどが利用できるようになる。35mm判換算の焦点距離はレンズ表記の1.6倍になり、手ぶれ補正機構や高速オートフォーカスはEOSシリーズに装着した場合と同じように機能する。明るい大口径の望遠ズームレンズやマクロレンズなどの高性能レンズを使って撮影が楽しめるのは、各社のミラーレス一眼にはないメリットとして注目できる。本体の上部には、EOSシリーズと同じホットシューも備え、フラッシュなどのEOSシリーズ用アクセサリーも共用できる。

EOS用のEFレンズを装着するためのマウントアダプター「EF-EOS M」。マウント径やフランジバックを合わせるためのもので、特別なメカや電子部品は搭載されていない。希望小売価格は1万2600円
[画像のクリックで拡大表示]
マウントアダプターを装着したところ。下部の三脚座は自由に取り外しできる
[画像のクリックで拡大表示]
EOS Kiss X6iのレンズキットとして用意される「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」と組み合わせたところ。手ぶれ補正や高速オートフォーカスは、EOSシリーズと同じように機能する
[画像のクリックで拡大表示]
マクロレンズ(左)や大口径の望遠ズームレンズ(右)など、EOS Mの純正レンズにはない高性能レンズが使えるのが魅力だ
[画像のクリックで拡大表示]
EOS Mにはストロボを搭載していない。ダブルズームキットには、ボディーの小ささを損なわない小型のクリップオンストロボ「90EX」が付属する
[画像のクリックで拡大表示]