NTTドコモがスマートフォン&タブレットの夏モデル17機種を発表した。ディスプレイの大型化や高精細化、高速CPUやグラフィックスの搭載で性能を追求した重量級モデルが多数登場。次世代高速通信の「Xi」(クロッシィ)や、高精細のデジタル放送「NOTTV」に対応したモデルも大幅に増加した。フィーチャーフォンからの買い替えだけでなく、性能や処理速度が乏しい初期のスマートフォンからの乗り換えに向く。

 小型軽量を追求したモデルや、シニア向けの「スマホ版らくらくホン」が登場したのもトピックだ。「スマホは大きくて使いづらい」「難しそう」と敬遠していた人も注目といえる。

 17機種のうち、特に注目の11機種をピックアップ。実機写真で特徴や見どころを紹介しよう。

NTTドコモが発表したスマートフォン夏モデルのなかから、特に注目の11機種を紹介する
[画像のクリックで拡大表示]

GALAXY S III SC-06D(サムスン電子製)

 4.8型の大きな有機ELディスプレイを搭載した、GALAXYシリーズの最新モデル。シリーズで初めておサイフケータイに対応し、買い物や電車の乗車の際に電子マネー機能を利用できるようになった。内蔵カメラの顔認識機能を利用し、画面を見ていると検知した際は消灯に移行しないなど、使用時のイライラを軽減する工夫も盛り込んだ。Webブラウザーや各種アプリの上で動画を小さくウインドウ表示するユニークな機能も持つ。2012年6~7月発売予定。

人気シリーズの最新モデル「GALAXY S III SC-06D」(サムスン電子製)。画面を4.8型に大型化しつつ、スリムボディーを維持
[画像のクリックで拡大表示]
GALAXYシリーズとしては初めておサイフケータイに対応した
[画像のクリックで拡大表示]
大画面化を図りながら、本体の厚さはわずか9mmに抑えられている
[画像のクリックで拡大表示]
ウインドウ表示にした動画を小さくウインドウ表示する機能も持つ。Webブラウザーなどを使っていても、常に動画が視聴できる
[画像のクリックで拡大表示]
日本向けの機能は、ワンセグやおサイフケータイを搭載する。赤外線や防水には非対応となる
[画像のクリックで拡大表示]

「GALAXY S III SC-06D」のカラーバリエーション

Marble White
[画像のクリックで拡大表示]
Pebble Blue
[画像のクリックで拡大表示]
ディスプレイ カメラ バッテリー 通信回線
4.8型有機EL
(1280×720ドット)
800万画素CMOS(背面)
190万画素CMOS(前面)
2100mAh LTE(Xi)、3G
おサイフ ワンセグ 赤外線 防水 NOTTV
× × ×
本体サイズ 重量
71(W)×137(H)×9.0(D)mm 約139g