スーツにこだわる人が増えた

 クールビズの推進やビジネスシーンのカジュアル化で、スーツを“着なければいけない”シーンは減っている。矢野経済研究所がまとめた紳士服市場の動向を見ると、メンズスーツの売上高は2011年に2100億円と、07年から約1000億円減る予想だ。下げ止まりの兆候はあるものの好調な市場とはいえない。

■メンズスーツ市場は厳しい環境が続くが…
注)矢野経済研究所「国内アパレル市場に関する調査結果2011」から

 にもかかわらず、オーダースーツが好調な理由の一つは、スーツにこだわる人が増えたことにある。「スーツを着る人は減っているが、服が好きでこだわりたいという人は多くいる。結果的にスーツ市場に占めるオーダースーツのシェアが伸びている」(伊勢丹新宿本店メンズ館のビジネスウエアバイヤー・鏡陽介氏)というわけだ。

 実際、そごう・西武の担当者も、「20代、30代の若い男性の間では、ボタンや裏地を変えるなど、細かい仕様の変更を楽しむ『自分だけの一着ニーズ』が増加している」という。一方、「40代以上の男性の間では最近トレンドのスリムなスーツに体形が合わないため、『上下を自由に組み合わせられる』『プロが採寸して体形に合わせてくれる』など『スマートに見えるニーズ』が増加している」。全国で82店舗を展開するオーダースーツ大手のエフワンも、「スリムなタイプのスーツが人気になり出してから、より自分の体形に合ったスーツを着たいという人が増えたのではないか」と分析する。

 低価格でオーダースーツが作れる環境が増えているのも、購買層の裾野が広がっている理由だ。老舗の銀座山形屋は、若手ビジネスマンをターゲットにした「ブレフ」というブランドを09年に立ち上げた。コアターゲットの年齢を28歳と想定し、20代~30代の可処分所得などを勘案して、2万9900円と3万9900円の2プライスのオーダースーツを用意。小田急百貨店新宿店内の約40m2の店舗で、昨年は約2000着を売った。「これまで既製服を着ていた人が、オーダースーツの最初の一着を作る“入り口”のブランドになりたい」(グループ会社ウィングロードのパーソナル事業副部長の山形眞司氏)。ブレフは2011年にJR秋葉原駅の駅ビル「アトレ秋葉原1」に約20m2の店をオープン。今後も山手線のターミナル駅直結の商業施設に店を構える考えだ。

 
[画像のクリックで拡大表示]
5万円以下でも買えるオーダースーツ
[画像のクリックで拡大表示]

 オーダースーツを売る側の動きは近年一段と活発化している。30代、40代の顧客が中心だったスーツのヨシムラを運営する吉村は、2011年に26店舗の販売網を持つビッグヴィジョンを買収。幅広い年齢層が顧客のビッグヴィジョンと、ヨシムラの商品開発力の相乗効果を狙う。

 オーダーシャツで有名なメーカーズシャツ鎌倉のマーケティングや出店戦略、商品開発をするサダ・マーチャンダイジング・リプリゼンタティブは、2011年9月から「Tex Teq(テックステック)」のブランドでパターンオーダースーツの受注を始めた。これまで同社のファンだった顧客の満足度を高めるのが狙いだ。

30代、40代が顧客の中心であるオーダースーツのヨシムラを運営する吉村は、幅広い顧客層を持つビッグヴィジョンを買収。「ビッグヴィジョンは安さを前面に出していたが、今後はファッション性やユニークさを押し出していく。ヨシムラはネットに強みがあるので、これをビッグヴィジョンでも生かす」(吉村の代表取締役・吉村雅隆氏)。ヨシムラが開発した自転車用スーツはビッグヴィジョンでも扱っている
[画像のクリックで拡大表示]
メーカーズシャツ鎌倉の企画などを行うサダ・マーチャンダイジング・リプリゼンタティブは、テックステックのブランドでパターンオーダースーツを扱う。5店舗(フランチャイズ含む)で展開し、価格は12万6000円(追加オプション料は原則なし)。「工場と何度もやりとりをし、納得いくまで品質を追求した」(同社ディレクターの石森弘氏)。エルメネジルドゼニアやロロピアーナなどの高級生地が中心
[画像のクリックで拡大表示]