第3世代となるアップルのタブレット(多機能携帯端末)「iPad」が2012年3月16日に発売になる。すでに初代iPadや「iPad 2」を所有している人は、第3世代のiPadの実力が気になっているだろう。結論から言うと、ぜひ買い替えをお勧めする。ホームページの情報を見ると、変わったのはディスプレイだけと思うかもしれない。だが、このディスプレイの変化は多くの人が想像している以上にiPadの能力や表現力を大幅に引き上げている。実際に使ってみると初代iPadからiPad 2に変わったときよりも驚くはずだ。

 「Wi-Fi+4Gモデル」を発売前に一足先に試用できたので、その使用感をリポートしたい。

アップルの新型「iPad」。第3世代となり完成度が格段に高まった
[画像のクリックで拡大表示]
デザインはiPad 2から変わっていない。ディスプレイ面にホームボタンとFaceTime用のカメラを備える
[画像のクリックで拡大表示]
背面は1枚のアルミ板から削り出した「ユニボディ」だ。iPad 2より0.6mmほど厚くなっているが、その違いは感じられない。基本的な形状は変わっていないが、縁の角度がわずかにかわっている
[画像のクリックで拡大表示]