米アップルは2012年3月7日(米国時間)、米国で報道陣向けのイベントを開催して新型のタブレット端末「iPad」を発表した。製品名は噂されていた「iPad 3」「iPad HD」ではなく、ただのiPad。初代iPadや「iPad 2」と区別するために「新しいiPad」「第3世代のiPad」と同社のホームページでは表記している。価格は4万2800円から。日本では3月16日に発売する。

2048×1536ドットの超高解像度な「Retinaディスプレイ」を搭載した新型iPad
[画像のクリックで拡大表示]

 見た目はiPad 2とほとんど違わない。ディスプレイのサイズも9.7インチのままだ。わずかに厚くなり、重くはなっているが、手に持ってもその違いは感じられないほどだった。新しいiPadの一番の特徴は「Retinaディスプレイ」。2048×1536ドットという超高解像度で、ピクセル数はiPad 2の4倍にも上る。40インチや50インチのフルハイビジョンのテレビよりも解像度が高いので、驚異的な鮮明さと言える。同社のスマートフォン「iPhone 4」「同 4S」と同じように肉眼ではピクセルを区別するのは難しい。Safariでホームページの文字を拡大してもギザギザは見えず、写真は鮮明でクリアに見られる。

 背面のカメラは裏面照射型センサーの5メガピクセルに強化し、画質を高めた。iPhone 4Sと同じF値2.4の開口部と5枚のレンズを使った光学システムを採用している。最大10人までの顔検出機能、オートフォーカス、自動露出、オートフォーカスロックなどデジカメ並みの機能を備える。1080pのHDビデオも撮影可能。ブレを低減する手ぶれ補正機能付きで、ノイズリダクション機能なども備える。

 iPadに向かってしゃべったことをテキストにするVoice Detectionを搭載。声だけでメールなどを作成できる。英語、フランス語、ドイツ語、日本語などをサポートする。

 新型iPadは次世代高速通信(4G)にも対応する。下り最大72MbpsのLTEまでサポートしており、これまでの3Gネットワークよりも快適にインターネット動画などを見られる。日本ではWi-Fi+4Gモデルをソフトバンクモバイルが提供する予定だが、通信速度などはいまのところ不明だ。米国ではAT&T、Verizon向けに提供する。多くの通信方式や帯域をサポートしており、多くの国で利用できる。3Gネットワークもサポートしており、4Gネットワークが利用できないエリアでも3Gで通信する。

 プロセッサーは描画処理を担当する4コアのグラフィックスプロセッサーを内蔵したデュアルコアプロセッサー「A5Xチップ」を搭載。超高精細なRetinaディスプレイへの映像処理をパワフルにこなす。バッテリーの駆動時間は、iPad 2と変わらず、Wi-Fi接続時のインターネット利用、ビデオ視聴、音楽再生で約10時間。携帯電話ネットワークを利用した場合は約9時間となる。

 価格はWi-Fiモデルの16GB版が4万2800円、32GB版が5万800円、64GB版が5万8800円、Wi-Fi+4Gモデルの16GB版が5万3800円、32GB版が6万1800円、64GB版が6万9800円。iPad 2は16GB版を継続販売する。Wi-Fiモデルが3万4800円、Wi-Fi+3Gが4万5800円。

大きさは241.2×185.7×9.4mm、重さはWi-Fiモデルが652g、Wi-Fi+4Gモデルが662g。iPad 2と高さと幅は同じ。厚さは8.8mmから9.4mmにわずかに厚くなっている。重さもWi-Fiモデルが601gから652g、通信機能付きモデルは613gから662gに少しずつ重くなった
[画像のクリックで拡大表示]
5メガピクセルのカメラを搭載。iPhone 4Sと同じ光学システムを採用する。前面にはFaceTime用のVGA画質のカメラを搭載する
[画像のクリックで拡大表示]
デザインはiPad 2を踏襲する
[画像のクリックで拡大表示]
Retinaディスプレイにより、Webサイトの文字を拡大してもギザギザが見えなくなった
[画像のクリックで拡大表示]