スマートフォン人気のけん引役であるアップルの「iPhone」。国内ではソフトバンクモバイルが2008年7月に発売を始め、2011年10月からはau(KDDI)も「iPhone 4S」の取り扱いを始めた。「iPhoneが欲しい!」と思った人は、ソフトバンク版が良いか、au版が良いかと比較検討することになる。

 確かに、日本国内で使うなら最寄りのケータイショップで購入でき、サポートもしっかりしているソフトバンク版やau版のiPhoneがラクチンだ。でも中には、他人とは違うiPhoneを使ってみたいとか、NTTドコモの通信網でiPhoneを使いたいと考える人もいる。そんなマニアックな人たちの間で選ばれてきた、第3の選択肢がある。それが海外で販売されている“SIMロックフリー版のiPhone”だ。

 海外向けのiPhoneといっても日本語に対応しているし、国内で使える通信端末としての審査も通っている。電話やデータ通信に必要なマイクロSIMカードは、NTTドコモや日本通信などが提供している。端末さえ手に入れば、海外版のSIMロックフリーiPhoneということを気にせずに利用できるのだ。

 筆者は今年1月、自腹でSIMロックフリー版iPhone 4S を購入した。その実体験を通し、SIMロックフリー版iPhoneの良し悪しについてまとめてみたい。

 わざわざSIMロックフリー版iPhoneを使うメリットは何か。最も安く購入する方法は? 毎月の利用料金、さらには、NTTドコモ回線利用時の通信速度まで、気になるSIMロックフリー版iPhoneのポイントを4回に分けて紹介していく。

海外で販売されているSIMロックフリー版のiPhone 4S(写真中央)。外観も中身も国内で販売されているソフトバンク版(写真右)、au版(写真左)とほとんど一緒。それでもSIMロックフリー版を選ぶ意味は何か?
[画像のクリックで拡大表示]
筆者がSIMロックフリー版のiPhone 4Sを購入した香港のOnline Apple Store。ただし、購入したiPhoneは直接日本国内へは配送できない。購入するには、もう一手間かける必要がある
[画像のクリックで拡大表示]