AQUAブランドの製品開発は旧ハイアール三洋エレクトリックが担当

AQUAの売り上げ計画
[画像のクリックで拡大表示]
日本におけるハイアールブランドとAQUAブランドの売り上げ計画
[画像のクリックで拡大表示]

 中国ハイアールグループの子会社であるハイアールアクアセールスは、2012年1月5日、三洋アクアからの株式譲渡および社名変更によって発足した企業だ。ハイアールアクアセールスは、SANYOブランドで販売していた洗濯機「AQUA(アクア)」のブランドを再構築。洗濯機にとどまらずAQUAブランドを日本市場向けの白物家電ブランドと位置づけ、主に30~40代のファミリー層を主要ターゲットとして、日本における白物家電事業を展開する。

 AQUAブランドの製品開発は、三洋電機の冷蔵庫を開発していたハイアール三洋エレクトリックが社名変更したハイアールアジアインターナショナルのR&Dセンターが担当。冷蔵庫およびフリーザーは、群馬県の東京R&Dセンター、洗濯機および業務用洗濯機は京都府の京都R&Dセンターが行う。

 また、冷蔵庫およびフリーザーの生産は、中国、タイ、ベトナム、インドネシアで行い、洗濯機の生産は日本、中国、ベトナムで行う。

洗濯機や冷蔵庫に使用されるAQUAのロゴマーク
[画像のクリックで拡大表示]
AQUAのブランドコンセプト
[画像のクリックで拡大表示]