昨年までと比べても多くの来場者を記録した2012年のCP+も閉幕。各社の注目製品や注目の機能をチェックしていこう
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年2月9日~12日の4日間、横浜市のパシフィコ横浜でカメラと写真のイベント「CP+」(シーピープラス)が開催された。2012年は、富士フイルム初のミラーレス一眼「FUJIFILM X-Pro1」や、クラシックな外観の小型ボディーに高性能を凝縮したオリンパスイメージング「OM-D E-M5」、徹底的な高画質化を図ったニコンの「D800/D800E」、既存レンズが使えるペンタックスのミラーレス一眼「K-01」など、各社のデジタル一眼の新製品が続々と登場した。CP+は、発売前の新製品に触れるまたとない機会となり、昨年より約1万5000人多い6万5120人が来場した。

 会場内で見つけた各社の注目モデルを紹介しよう。

独自構造のファインダーと高画質で注目を集める富士フイルム「X-Pro1」

独自マウントを採用した同社初のミラーレス一眼「FUJIFILM X-Pro1」を中心とした展示の富士フイルムブース
[画像のクリックで拡大表示]

 富士フイルムのブースでは、独自マウントを採用した同社初のミラーレス一眼「FUJIFILM X-Pro1」(以下、X-Pro1)を大々的にアピールしていた。レンジファインダーカメラ風のデザインや、ローパスフィルターの省略による圧倒的な精細感のある高画質、電子ビューファインダーと光学ファインダーを切り替えて表示できるファインダーなど、愛好者の心をくすぐる装備が満載のカメラに仕上がっている。

 初日の9日は平日にもかかわらず、タッチ&トライコーナーは長い行列ができており、列がホールの外まで伸びるほどの大盛況だった。ブースの担当者によると、待ち時間は45分~1時間程度で、1人10分の時間制限を設けていた。来場者は、ファインダーの仕組みや見え具合を中心に熱心にチェックしていた。今回のCP+でもっとも混雑したブースの1つといえよう。

愛好者向けに機能や装備、本体デザインにこだわった「FUJIFILM X」シリーズのラインアップ。頂点に、レンズ交換式のX-Pro1が位置している
[画像のクリックで拡大表示]