KDDIは1月16日、auの春商戦に向けた新製品・サービスの発表会を実施した。新端末もさることながら、固定通信サービスとのセットで大幅な割引を実現する「auスマートバリュー」や、390円で500本以上のアプリが利用できる「au スマートパス」など、固定・モバイル双方を組み合わせた施策が大きな注目を集めた。新サービス・端末の提供が何をもたらそうとしているのか、考察してみよう。

“GALAXY”も採用、全方位でラインアップを揃える

 主要キャリアでは唯一、春商戦に向けた商品発表を別途実施するとしたKDDI。同社が発表する春商戦に向けたスマートフォンは5機種だ。大きな特徴は、5機種のうち4機種が海外モデルということである。

 具体的には、すでにNTTドコモが発売を発表しているワンセグ・おサイフケータイなどに対応したXperiaの新モデル「Xperia acro HD」のほか、こちらもNTTドコモから発売されているサムスン製の「GALAXY S II」にWiMAXを搭載した「GALAXY S II WiMAX」、ワンセグを搭載し、小型ながらデュアルコアCPUを搭載したLG製の「Optimus EX」、そしてモトローラ製の薄型モデル「RAZR」ブランドを受け継いだ「MOTOROLA RAZR」の4機種だ。

 これらに加え、iidaブランドとしてスマートフォンでも人気となった「INFOBAR」に、新たにテンキーを搭載した「INFOBAR C01」を用意。自社の人気モデルに加え、XperiaやGALAXYなど、他社でも人気のあるブランドのスマートフォンを取り入れている。ここには、iPhoneを含め“全方位”でスマートフォンのユーザーを獲得したい狙いがあるといえそうだ。

 スマートフォンを全方位で揃えることは、今後のauの戦略において大きな意味を持つこととなる。それを理解するには、auの新しいサービス施策を知っておく必要があるだろう。

iidaブランドの「INFOBAR C01」は、スマートフォンでも人気を博した同モデルにテンキーを搭載し、文字入力をしやすくした
[画像のクリックで拡大表示]
NTTドコモで人気となったGALAXYシリーズを冠した「GALAXY S II WiMAX ISW11SC」。NFCも搭載しており、国内初のNFCによるサービスも提供されるという
[画像のクリックで拡大表示]
au向けとしては初となるLG製の「Optimus X IS11LG」。コンパクトながらデュアルコアCPUを搭載するなど性能は高い
[画像のクリックで拡大表示]
「MOTOROLA RAZR IS12M」は、薄さで人気を博した「RAZR」ブランドを冠した初のスマートフォン
[画像のクリックで拡大表示]
ワンセグ・おサイフケータイにも対応したXperia acroの後継モデル「Xperia acro HD IS12S」。今回は当初からEZwebメールに対応している
[画像のクリックで拡大表示]