各社争奪の末、ポニーキャニオンが日本国内における韓国ドラマ史上最高金額で、日本で放送権を獲得したドラマ「ラブレイン」。韓国で2011年上半期に放送予定

記事へ戻る(ページを閉じる)

韓流ドラマ人気が止まらない。レンタルビデオチェーン「TSUTAYA」での韓流ドラマの年間レンタル回数は、2010年の1億840万回から1億3600万回と急増する見込みだ。ちなみに、ドラマ「冬のソナタ」が一大ブームを巻き起こした2004年のレンタル回数は1623万回。これだけでも、韓流ドラマの急成長ぶりがわかるだろう。