【オーダースーツ】イタリア・ナポリの職人が一人ひとりに合わせて作る!

アヴァンクラシコ「バルベリス・カノニコ生地仕立て」約9~10万円

日本では人気ながら、イタリアでは仕立て職人たちの信頼が厚い生地だそう
[画像のクリックで拡大表示]

 アヴァンクラシコは、メンズラグジュアリーブランド「エルメネジルド・ゼニア」や、バーバリーやアルマーニなどのスーツにも使用される「バルベリス・カノニコ」など、イタリア製の生地を使い、オーダースーツを手がけるメンズオーダースタジオだ。生地がイタリア製なら、日本での採寸をもとに、型を作り、縫い上げるのはイタリアのファクトリー。ナポリの職人が丁寧に仕上げる。

 高級な生地を使用したフルパターンオーダー(スーツ・ジャケット・パンツ)製品ながら、価格はリーズナブル。2011年11月1日のオープン以来、すでに注目を集めている。

 10万円前後でオーダーするなら、仕立て職人たちの信頼が厚い「バルベリス・カノニコ社生地仕立て」がいい。お腹周りが気になるなど、ボディーに貫禄が出始めた人も、スリムラインのオーダースーツを作れば、立体裁断のイタリアのパターンにより、着るだけで若々しいシャープなボディーラインが出せる。

 クラシックながら流行も取り入れたデザインが、満足度を増す。

スーツ仕立て例。イタリアのトレンドは袖丈短めで袖口からシャツを多めにのぞかせる
[画像のクリックで拡大表示]
・新鮮度          ☆
・高機能・高性能度   ☆☆
・贅沢度          ☆☆
・現実度          ☆☆☆
・家族説得大変度    ☆☆


アヴァンクラシコ「エルメネジルド・ゼニア【アンテプリマ生地コレクション】仕立て」約12万円~

「エルメネジルド・ゼニア社2011-2012秋冬限定生地アルバム」生地見本。このアルバムの中だけでも100種以上の生地がある。紺(ネイビー)でもさまざまなバリエーションをそろえている
[画像のクリックで拡大表示]

 エルメネジルド・ゼニアのスーツはやはり高級感あふれ、憧れるところだが、さすがに既成スーツでも20万円~30万円台、モノによっては生地だけで約35万円するものもあって、なかなかオーダースーツは作りがたい。しかし、生地をゼニアが認めた最高級ラインから選びつつも、仕立て屋を独自に厳選することで、アヴァンクラシコのオーダースーツは価格がグッと抑えられている。

 「エルメネジルド・ゼニア生地仕立て」はフルオーダーでも約12万~19万5000円前後。例えば、シングル、2つボタン、センターベント、本切羽(ほんせっぱ)仕立ての仕様で、生地は濃紺(ネイビー)、裏地はボルドーという大胆なコントラストのイタリアらしいスーツを作ることができる。

 アヴァンクラシコの営業日は月曜、火曜、金曜が8時~18時(最終受付)。毎週水曜と木曜は11時~20時30分(最終受付→ナイトショッパー受注会)、土曜と日曜は週末受注会を開催している(注文詳細はホームページを参照)。

・新鮮度          ☆
・高機能・高性能度   ☆☆
・贅沢度          ☆☆☆
・現実度          ☆☆
・家族説得大変度    ☆☆☆


■関連リンク