ボーズは2011年11月22日、Bluetoothヘッドセット「Bose Bluetooth headset Series 2」を発表した。11月25日発売で、直販価格は1万7220円。2011年4月に発売した「Bose Bluetooth headset」の後継モデルとなる。従来モデルは右耳専用だったが、Series 2は右耳用と左耳用の2モデルが用意される。

ボーズが2011年11月25日に発売するBluetoothヘッドセット「Bose Bluetooth headset Series 2」。直販価格は1万7220円。右耳用と左耳用がある
[画像のクリックで拡大表示]

 Bose Bluetooth headset Series 2は、2つのマイクを内蔵する独自の「デュアルマイクロホンシステム」を採用しており、周囲の環境に合わせて受話音量や送話音質を調節する機能を備えている。受話時には独自技術「Adaptive Audio adjustmentテクノロジー」を利用し、周囲の騒音レベルに応じて自動でヘッドセットの通話音量を調整する。これによって騒音の多い屋外などでも相手の音声を聞き取りやすくなっている。

 送話時には「Noise-rejecting microphone」機能が働くことで、2つのマイクによって送話音声と騒音を判別し、周囲の騒音や風切り音を低減しながら通話可能だ。

周囲の騒音レベルに応じた受話音量に自動調節する「Adaptive audio Adjustmentテクノロジー」
[画像のクリックで拡大表示]
「Noise-rejecting microphoneテクノロジー」は2つのマイクによって周囲の騒音と音声を選別し、音声だけを相手に送る機能だ
[画像のクリックで拡大表示]

 そのほか、従来モデルではヘッドセット通話が可能なBluetoothプロファイル「HSP(Headset Profile)」と「HFP(Hands Free Profile)」にしか対応せず、携帯電話やスマートフォンの音楽や効果音などを聞くことができなかった。だが本モデルは新たに「A2DP(Advanced Audio Distribution Profile)」に対応したことで、片耳タイプながら携帯電話・スマートフォンの音楽やアプリなどの効果音を楽しめるようになった。

 電源は充電式リチウムイオンポリマー電池で、連続通話時間は最大4.5時間。連続待ち受け時間は最大100時間だ。羽根のような形状をした独自の「StayHearチップ」を3サイズ(S/M/L)のほか、充電用USBケーブルや専用キャリングケースを付属する。本体サイズは幅46×奥行き32×高さ19mmで、重さは約12g。

独自のシリコン性「StayHearチップ」3サイズと、専用キャリングケースが付属する
[画像のクリックで拡大表示]