シンガーソングライターのIRUMA RIOKA(梨丘いるま)らを紹介していたのはDEENなどのアーティストを抱える芸能事務所のグッデイ。ゲームソングも歌うIRUMA RIOKAはこれまでにメキシコやスイスなどでもライブを開催している。今年7月にはフランスで開催された日本のポップカルチャーを紹介するイベント「JAPAN EXPO」にも出演した。ブースでもその音楽性と「ゴスロリ」と言われるファッションに注目が集まったという。アニメやゲーム関連のアーティストを紹介するために初めて出展したという同社。会場でも「アニメファンが多い国のバイヤーからの関心が高かった」とのこと。海外でのデジタル配信やイベントやライブなどへの出演を模索している。

作曲のほか、作詞や編曲、トラック制作までこなすというIRUMA RIOKA
[画像のクリックで拡大表示]
フランスで7月に開催されたJAPAN EXPOでのライブにも出演した
[画像のクリックで拡大表示]

 TIMMの会場で売り出し中のアーティストにも、こうしたアニメやゲーム関連は少なくなかった。海外で最も人気がある日本のコンテンツはアニメやマンガ。現地で開かれている日本関連イベントに、アニソンを歌う歌手やアイドル、海外でも人気のビジュアル系のアーティストなどが参加する機会も増えている。海外で人気を得るには、まず、こうしたイベントに出演するのが近道でもある。

 商談会では、アイドル系を紹介するブースも目を引いた。日本のアイドルはシンガポールでAKB48が定期公演を開くなど、海外でも注目を集めている。TIMMの最終日に開催されたショウケースライブにはタワーレコードが6月に設立したアイドル専門レーベルの「T-Palette Records」からCDが発売されているオシャレ系アイドルのバニラビーンズ、アイドルグループのももいろクローバーZなども登場した。

バニラビーンズは2010年に上海万博でもライブを披露した。7月に発売されたアルバム「バニラビーンズII」は2800円
[画像のクリックで拡大表示]
バニラビーンズは10月27日に開催されたTIMMのショウケースライブにも出演した(撮影:proof)
[画像のクリックで拡大表示]