ソニー
Sony Tablet S SGPT111JP/S
予想実売価格:4万5000円前後
発売日:2011年9月17日

 今年4月に発表され、話題を集めたソニーのAndroidタブレット「Sony Tablet」がいよいよ発売になる。9.4型液晶搭載のスレート型「Sシリーズ」と、5.5型液晶を2枚搭載したコンパクトな折り畳み型「Pシリーズ」の2モデルだ。どちらもソニーらしい秀逸なデザイン、快適なレスポンス、独自のネットワークサービス、テレビなど様々なAV機器との連携機能が特徴だ。見どころの多い商品なので、3回に分けてその魅力に迫ってみたい。今回はスレート型のSシリーズのハードウエア面を中心に見ていこう。

軽くて持ちやすい「偏重心デザイン」

 Sシリーズは、内蔵ストレージの容量が16GBの「SGPT111JP/S」、32GBの「SGPT112JP/S」のWi-Fiモデル、3Gモデルの「SGPT113JP/S」(内蔵ストレージは16GB)の3機種をラインアップする。

 Sシリーズを手に取って感じるのは、持ちやすいことだ。多くのタブレット端末は、厚みがほぼ一定のフラットな形状のものが多い。加速度センサーを備え、どの向きでも使えるようにするためだ。Sシリーズは横から見ると、液晶上部のカメラ側から手前側に向かってくさび型になっている。重心も偏っていて、形状と重量配分のおかげで手に持ったときの安定感が高い。裏側には細かい突起がついていて、滑りにくくなっている。くさび型なので机の上に置いたときに、手前側に少し角度が付いて画面が見やすくなっているのもポイントだ。

手前側が薄く、液晶上部のカメラ側に向かって厚くなるくさび型。ソニーでは「偏重心デザイン」と呼ぶ。持ちやすく、長時間持っていても疲れにくい
[画像のクリックで拡大表示]
くさび型により、手に持ちやすい形と重量配分になっている。裏側が滑りにくくなっているのもポイントだ
[画像のクリックで拡大表示]

 側面や裏側から見ると、本を折り曲げたようなデザインになっている。側面はくぼんでいて、正面から見ると、側面のスイッチや端子類が目に入らないように配慮している。同社製品では必ずと言っていいほど液晶ディスプレイの真下にある、“SONY”のロゴもない。これによって利用者が画面に集中しやすくなっている。使いやすさを重視した、かなり凝ったデザインだ。Androidタブレットでこうした配慮の行き届いたものはなかなかない。外装はプラスチック製で質感の高さや高級感はないが、それよりも実用性を重視したデザインと言える。

正面から見ると、画面だけが目に入って集中しやすいようにシンプルなデザインになっている。SONYのロゴすらない。同社のディスプレイ付きの商品には、画面の下にSONYのロゴが入るのが通例だ
[画像のクリックで拡大表示]
背面や側面から見ると、雑誌を折り畳んだようなデザインになっている。SONYのロゴは背面にある
[画像のクリックで拡大表示]

 ディスプレイは9.4型で、10.1型液晶を搭載したタブレット端末よりもやや小さい。重さはWi-Fiモデルで約598g(カタログ値)。10.1型クラスのAndroidタブレットに比べるとずっと軽く感じられる。10.1型液晶を搭載する日本エイサーの「ICONIA TAB A500」の重さは約765gだ。9.7型液晶を搭載するアップルの「iPad 2」が約601g(Wi-Fiモデル)なので、ほぼ同等だが、Sシリーズの方が持ちやすい。

左からアップルの「iPad 2」、Sony Tablet S、開いた状態のSony Tablet P。Sony Tablet Sはサイズと重量はiPad 2とほぼ同等だ。液晶の解像度は1280×800ドット(16:10)で、1024×768ドット(4:3)のiPad 2よりやや細長い
[画像のクリックで拡大表示]