この夏、各社から続々とミラーレス一眼の新製品が発売された。パナソニックは、薄型ボディーの「LUMIX DMC-GF3」(以下、GF3)と電子ビューファインダーを搭載した「LUMIX DMC-G3」(以下、G3)の2機種を投入した。どちらも、一眼につきものの難しさを解消し、初心者でも使いやすいよう工夫されている。

パナソニック
LUMIX DMC-GF3

実売価格:4万4800円(ボディー)、5万4800円(パンケーキレンズキット)、6万1800円(ダブルレンズキット)
小型軽量化を図った女性向けの入門機。曲線を多用した柔らかなデザインが特徴だ(画像クリックで拡大)

パナソニック
LUMIX DMC-G3

実売価格:6万2800円(ボディー)、6万9800円(レンズキット)、8万2800円(ダブルレンズキット)
シリーズの第3世代となる高性能モデル。デザインを一新して薄型化を図ったほか、動画撮影性能をフルHD+ステレオマイクに高めた(画像クリックで拡大)

 GF3は、デジタル一眼というよりはコンパクトデジカメに近いスタイルで、ボディーの大きさを極限までそぎ落とした印象だ。だが、小型一眼で省略されやすい内蔵ストロボをしっかり搭載しており、実用性は高い。

 G3は、一眼レフカメラのスタイルを踏襲した上位機種だ。背面の液晶モニターを見て撮影するだけでなく、電子ビューファインダーをのぞいて撮影できる。液晶モニターは可動式となっており、縦位置撮影や横位置撮影、ローアングルやハイアングルを問わず、ライブビュー画像をしっかり確認しながら撮影できるのもポイント。G3は、小さな子どもを撮影したいお母さんをメーンのターゲットとしており、無理な姿勢をすることなく子どもの目線と同じ高さで写真が撮れる。

DMC-GF3の背面。ボタンの数がかなり少ない。3型液晶はタッチパネル式で、メニュー操作やピント合わせなどがダイレクトに実行できる(画像クリックで拡大)

DMC-G3の背面。高精細のライブビューファインダーと可動式のタッチパネル液晶を備える(画像クリックで拡大)

 両者は兄弟モデルだけに、機能や装備は共通する部分が多い。どちらも液晶モニターはタッチパネル式となっており、タッチした部分の被写体にピントを合わせたり、シャッターを切って撮影したりできる。ミラーレス一眼の弱点であったピント合わせの遅さも改善されており、G3/GF3ともに付属の標準ズームレンズでは0.18秒でピントを合わせられるという。タッチしてからシャッターが切れるまで、ピント合わせで待たされる印象はほとんど感じない。