エコツーリズムブームを牽引する3つの世界遺産の今

 世界遺産登録を受け一躍人気観光地となり、その後のエコツーリズムや山ガールブームの火付け役となった屋久島、熊野古道(紀伊山地の霊場と参詣道)、知床。一時期、急激な観光客の増加で自然保護が危ぶまれたこともあるなど、世界遺産のメリットとデメリットを経験している。そんな3つの地域の現在の取組みを聞いてみた。

約500m2の島の中で亜熱帯から亜寒帯まで体験できる、屋久島

縄文杉(画像クリックで拡大)

屋久島外観(画像クリックで拡大)

 鹿児島市から約130km南に位置する屋久島。約500km2の島の中に、1800m超の山が7、1000m超の山が46も連なり、森には、亜熱帯から亜寒帯までの植物が山頂へ向かって連続的に分布。それは、九州から北海道までの気候がこの島で体感できるということだ。毎年夏になるとウミガメが上陸する美しい浜もある。固有種のヤクシカやヤクザルに出会う確率も高い。一方で、南の島なのに、11月以降は積雪があり山は閉ざされる。

 屋久島を一躍人気観光地へと変えたのが、樹齢2000年以上の縄文杉をはじめ、樹齢1000年以上の屋久杉が林立する森。世界遺産に登録されたのは1993年。山ガールの憧れの地ともなった宮之浦岳を中心とした島の中央山岳地帯(西は国割岳から海岸部まで。南はモッチョム岳。東は愛子岳までのエリア)で、島の約21%にもなる。

登録後観光客増加。2007年で前年比122%

 世界遺産登録後は、観光客の増加はもちろん、大学などの研究機関からの注目度も高まったという。「それまではあまり重要視されていなかった自然保護に対する考えが、裾野まで広がり、観光客のマナー意識も向上したようです」と話すのは屋久島観光協会の西川氏。エコツーリズムが盛んになってきた2007年には、島の訪問数は前年比122%に。38万6千人近くが訪れた。

 しかし、観光客、登山客の増加と共に起きたのが、登山道の裸地化や、紀元杉や縄文杉周辺の土壌の変化だ。そこで、紀元杉、縄文杉の前にはデッキを作成、現在は直接杉に触れられないようになっている。また、屋久島環境文化村センター、屋久島環境文化研修センターを設立。自然環境保護の広報を積極的に行った。

 今年、エコツーリズム推進全体構想を策定。2013年までに段階的に入場数制限などを行う(「屋久島町エコツーリズム推進全体構想について」、「屋久島地区エコツーリズム推進協議会」)。

ウィルソン株(画像クリックで拡大)

千尋の滝(画像クリックで拡大)

アクセス:鹿児島空港から飛行機で屋久島空港まで約40分。または、鹿児島港から高速船で宮之浦港、安房港まで約2時間35分。大阪、福岡からは空路直行便がある。

屋久島観光協会:ホームページ