日経トレンディ

 これまでの常識を打ち破る次世代カップ式自動販売機(ディスペンサー)が登場した。日本コカ・コーラの「コカ・コーラ フリースタイル」だ。国内1号機は、2011年8月2日に羽田空港第二旅客ターミナル内のレストラン「エアポート・ダイナー」に設置された。

1台で112種類ものドリンクを作り出せる次世代ディスペンサー「コカ・コーラ フリースタイル」(画像クリックで拡大)

 コカ・コーラ フリースタイルの最大の特徴は、1台で112種類ものドリンクを選べるところ。飲食店などに置かれている従来型のディスペンサーは、1台で4~5種類が限度だったので、一気に約20倍も選択肢が増えた形だ。

 ドリンクは、自販機の前面にあるタッチパネルを操作することで簡単に選べる。「コカ・コーラ」「コカ・コーラ ゼロ」「カナダドライ」「アクエリアス」「スプライト」など、基本となるブランドが14種類あり、それらのオリジナルのほか、オレンジ、グレープ、チェリーといった最大8種類のフレーバーを組み合わせたドリンクを“自作”できる。例えば、コカ・コーラには「オリジナル」以外に、「レモン」「オレンジ」「グレープ」「ピーチ」「チェリー」「ライム」「バニラ」というフレーバーがラインアップされている。各ブランドに設定されたフレーバーは似通っているが、「組み合わせる基本のブランドによって最適な濃さに調整している」(日本コカ・コーラの渡辺明彦カスタマー&コマーシャル本部ディレクター)という。

「コカ・コーラ」「コカ・コーラ ゼロ」「カナダドライ」「アクエリアス」「スプライト」など基本となるブランドが14種類あり、オレンジ、グレープ、チェリーといった最大8種類のフレーバーを組み合わせたドリンクを自作できる(画像クリックで拡大)