宮城で復興支援も手厚い宿 2:松島「パレス松洲」
涼しい、おいしい、そして優しい! 観光復興に取り組む町の情報発信基地

(画像クリックで拡大)

 日本三景、松島の沿岸にたたずむ、公共の宿。4月にリニューアルしたばかりの全客室からは松島湾を望むことができ、その美しい景色を眺められるだけでもここに滞在する価値がある。

 震災直後は湾内にがれきが流れ着き、景色は一時変貌したが、現在は震災前と変わらない絶景が広がる。「お客様がチェックインする時『この景色を見ていると何もなかったよう』と言われる。それぐらい、松島湾は美しく静かなまま」と宿の引地氏は言う。

 実は、4~5月は被災者家族や復興支援団体を受け入れていたため、客室稼働率は前年比170%になった。しかし、ひと段落ついた現在の予約状況は前年比30%以下。

 「松島町内の観光施設はほとんどが営業を再開している。伊達政宗建立の瑞巌寺や五大堂など見所もたくさん。気温は青森県と並ぶ低さで、夜には一気に涼しくなるので冷房は必要なく、心地よく眠りにつける」。

 パレス松洲は決して豪華ではないが、一度滞在するとリピーターになる人も多い。これは、その日に入手した食材で作られる心のこもった料理と、清潔感あふれる部屋、そして絶景が望めるにも関わらずリーズナブルな料金設定によるところが大きい。地域に貢献しながら、一流のサービスを提供し続けるその姿勢こそ、観光復興を支えている。

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

(画像クリックで拡大)

住所:宮城県松島町高城字浜38
Tel:022-354-2106/Fax:022-354-4020
ホームページ:http://www.palace-matsushima.jp
客室数:24室
施設:レストラン、バー、ラウンジ、大浴場
駐車場:あり(無料)
送迎:松島町中央観光地、東北本線松島駅、仙石線松島海岸駅、高城町駅からの送迎あり
チェックイン/アウト:15時/11時
参考価格:1泊夕・朝食付き1万800円~