この夏、各社からデジタル一眼の新製品が一気に発表された。いずれも、ライブビューを利用した簡単撮影と小型軽量ボディーを特徴とするミラーレス一眼であり、レンズ交換式デジタル一眼の人気が従来型のデジタル一眼レフカメラからシフトしそうだ。各機種とも、機能や装備にこだわりを見せており、旧モデルと比べて魅力が大幅に高まっているのも見逃せない。

 各製品の特徴的な機能や装備を検証し、最新モデルのトレンドをチェックしたい。合わせて、各社の最新モデル7機種を紹介しよう。

本体の小型軽量化が進む。コンデジ並みの超小型機種も登場!

 各機種とも、従来モデルと比べてさらに小型軽量化している。薄型のパンケーキレンズと組み合わせた際は、コンパクトデジカメ感覚で軽快に持ち運びできる点が魅力だ。

パナソニックの新モデル「LUMIX DMC-GF3」(左)と旧モデル「LUMIX DMC-GF2」(右)の比較。DMC-GF2でも小さい印象を受けたが、DMC-GF3はさらにコンパクトになった(画像クリックで拡大)

ソニーの新モデル「α NEX-C3」(左)と旧モデル「α NEX-3」(右)を比較。両者を並べると、α NEX-3がかなり大きく感じられる(画像クリックで拡大)

 HOYAの「PENTAX Q」は、コンパクトデジカメと同じ小型の撮像素子を使っていて、手のひらサイズの超小型ボディーであることが話題を呼んでいる。レンズを取り外せばコンパクトデジカメ並みのサイズで、既存のミラーレス一眼でも大きいと感じていた人の注目を集めそうだ。

HOYAの「PENTAX Q」(左)は、コンパクトデジカメ並みのサイズが特徴。ボディーの小ささで人気を得たオリンパスイメージングの「オリンパス・ペン E-P1」(右)と並べると、PENTAX Qの小ささがよく分かる(画像クリックで拡大)