【告知】あなたはアップルの新OSについてどう思いましたか? この件について読者と編集部が情報交換できる会議室を「300万人編集会議」にオープンしました。ぜひ書き込んでください!

 今年のWWDC2011は、アップルとしては異例の発表するものを先に公表する珍しいスタイルとなった。WWDCは開発者向けのイベントではあるが、毎年、新型iPhoneの発表の場でもあった。今年はiPhoneの発表がなく、公表されていた通り、「Mac OS X」の8番目のメジャーリリースとなる「Lion」、iPad/iPhone/iPod touch向けOSの「iOS 5」、新クラウドサービス「iCloud」の3つが主役となった。

 いずれも今年の夏から秋にかけて提供を開始する。

WWDC2011のオープニングを飾ったLion

250もの新機能を搭載する「Mac OS X Lion」。29.99ドルで7月に米国で発売する予定だ(画像クリックで拡大)

 WWDCの基調講演の最初はLionだった。Mac OS Xが登場して今年で10年になる。節目の2011年に発売するのが8番目のメジャーリリースとなるLionだ。iOSの要素を盛り込み、250もの新機能を盛り込んだ。その中でも注目の新機能をフィル・シラー氏が説明した。

 1点目は「マルチタッチジェスチャー」。広いタッチパッドを使って、画面を直接触って直感的に操作するような使い勝手をMacで実現する。iPhoneやiPadのように、ダブルタップやスワイプで拡大表示が可能になる。2点目は、「フルスクリーンアプリケーション」。画面いっぱいにアプリケーションを表示する機能だ。ほかのアプリが見えず、作業に集中しやすく、写真などの閲覧にも適している。メニューバーはマウスカーソルを合わせると表示される。3本指でスワイプすると、フルスクリーンアプリケーションの切り替えが可能。いちいち標準サイズのウインドウに戻す必要がない。フルスクリーンと標準サイズのウインドウの切り替えは、右上のアイコンで切り替えられる。

 3点目は「Mission Control」。フルスクリーンアプリケーション、Dashboard、Expose、Spacesを1つの画面にまとめた新機能だ。3本指を上方向に滑らせると呼び出せる。Spacesに開くアプリを振り分けたり、新たにSpacesを作成したりできる。4点目は「Mac App Store」。Lionではプリインストールとなる。今年1月に始まったばかりだが、Mac向けのソフトの売り上げは1位で、ヒットアプリも出てきているという。アプリ内課金、通知機能などの新機能が追加される予定だ。

マルチタッチジェスチャーの強化により、Safariのスクロールバーがなくなった。タッチパッドの上で2本指を上下に滑らせてスクロールする(画像クリックで拡大)

「Mission Control」の画面。開いているアプリやDashboardを一覧できる(画像クリックで拡大)