バルミューダ「グリーンファン2」
希望小売価格:3万4800円
本体寸法:幅330mm×奥行き320mm×高さ867mm/467mm(写真左、フロア用/右、卓上用)
製品重量:3.8kg
動作電力:AC100V 50/60Hz(ACアダプター付属)
消費電力:3W~17W
コード長さ:2.5m
風量調整:4段階
切りタイマー機能:1・2・3・4時間(10時間オートオフ機能)
左右首振り:ON/OFF機能(リモコンにてスマートターン機能操作)
※リモコン付き(画像クリックで拡大)

 最小消費電力3W、最弱運転時の動作音はわずか13dB(デシベル)。一般的な扇風機の約10分の1の消費電力で、人間の耳ではほとんど認識できないような圧倒的な静音性能を持つ、バルミューダの扇風機「GreenFan2(グリーンファン2)」が売れている。

 2011年4月1日にバルミューダのオンラインストアやインテリアショップ、家電量販店などで販売を開始。以来、注文は増え続け、4月下旬の段階で当初2000台の注文だった販売店が、4000台にしてほしいと依頼してくるほど。発売から1週間後には「入荷待ち(予約販売)」の張り紙がされた家電量販店もあったほどだ。また4月中旬には2011年の限定カラー(フェイスがグレー)のグリーンファン2を1000台売り出したが、こちらは6日間で完売している。まさに生産が追いつかない状態だ。

 2010年に登場した「GreenFan(グリーンファン)」といえば、“そよ風”を実現し、最小消費電力を4Wに抑えた画期的な扇風機として大きな注目を集めた(関連記事)。価格は3万3800円で一般的な扇風機に比べ1万~2万円程度高額だったが、それでも1万2000台を売り切った。昨年の猛暑でエアコン+扇風機で冷房効果を高める人が増えた(関連記事)ことも要因となっている可能性はあるが、斬新さ、機能性の高さ、デザイン性の高さで支持されたとも言えるだろう。