ソニーは2011年4月26日、米グーグルの「Android 3.0」を搭載したタブレット端末「Sony Tablet(ソニータブレット)」を今秋以降に全世界で発売すると発表した。音楽、ビデオ、ゲーム、電子書籍などグループ内のコンテンツサービスの統合的な受け皿として重要な役割を担う。テレビなど自社のAV機器との連携機能も盛り込み、タブレット端末市場をリードする米アップルの「iPad」および「iPad 2」に対抗する。

ソニーが今年の秋に発売予定の「Android 3.0」を搭載したタブレット端末の「S1」(左)と「S2」(右)(画像クリックで拡大)

 家庭での利用を想定した9.4インチの「S1」(コードネーム)と、携帯性の高い5.5インチのディスプレイを2つ備えた「S2」(同)の2タイプを展開する。Wi-Fiや3G通信機能を搭載し、Webページを閲覧したり、メールをしたりできる。いずれも価格は未定。

 S1は、大きな9.4インチの画面でビデオを見たり、Webページを閲覧したりできる板型の端末だ。重心を上の方に寄せた「偏重心デザイン」を採用することで、ホールド感を高めて雑誌のように持ちやすくした。

 S2は、任天堂の携帯用ゲーム機「ニンテンドーDS」のように2つのディスプレイを備え、折りたたむことでコンパクトに携帯できる。2つのディスプレイを合わせれば大画面のディスプレイとして使えるほか、上の画面に映像、下の画面に操作ボタンを表示するなど別々の機能を表示できる。

■変更履歴
 本文中、5.5インチの2つのディスプレイを11インチのディスプレイとして使えると表記していましたが、正確ではないため該当箇所を修正いたしました。お詫びして訂正いたします。[2011/04/27 16:00]