コンパクトな新書サイズの電子ブックリーダー

2位 GALAPAGOS EB-W51GJ-S シルバー SHARP 3万9800円

 シャープのGALAPAGOSシリーズは、カラー液晶を採用するプレミアム感いっぱいの電子ブックリーダーで、モノクロ電子ペーパーの端末と違って、雑誌や図鑑などにも向いている。EB-W51GJ-Sは、コンパクトな5.5型液晶モデルだ。雑誌を読むなら、一回り大きな10.8型のモデルの方が向いているのだが、電車の中で読むには大きすぎる。スマートフォンよりちょっと大きな程度のサイズで、価格も手ごろな本製品がお薦めなのだ。220グラムとかなり軽いので、女性でも負担なく使えるだろう。

 無線LANで接続し、単体で電子ブックの購入ができるので、自宅にパソコンを持っていない人に贈っても使えるのがいいところ。スマートフォンを持っていると、機能や製品カテゴリがややかぶる。スマホユーザーには大画面モデルが喜ばれるだろう。

カラー画面なので、雑誌が読みやすいのが一番のメリットだ(画像クリックで拡大)

サイズはほぼ新書だ。さすがにシャツのポケットに入れるのは厳しいが、かばんに入れると負担が少ない(画像クリックで拡大)

画面が小さいのでカラーの雑誌はちょっと読みづらいが、縮小拡大と横表示を組み合わせれば、ホドホドに読める(画像クリックで拡大)

電子ブックを単体で購入できるのが良いところだ(画像クリックで拡大)

日本での発売も待ち遠しいiPadの新モデル

3位 iPad2 Wi-Fiモデル アップル

 ついに登場したiPadの新モデル。日本ではまだ未発売だが、従来よりも薄くて軽くなり、完成度を増している。また、性能も向上してレスポンスよく使えるのもいいところ。ギフトでもらった際のうれしさは文句なしの1位だろう。ただ、価格がかなり高いのと、どう考えても入手が難しそうなので、3位とした。逆に、初代iPadが3万円台から買えるようになっているので、そちらを贈る手もある。さすがに若干見劣りする感は否めないが、持っていないなら間違いなく喜ばれるだろう。贈る際には「1つ前の機種でごめんね」と伝えることをお忘れなく。

iPad2はより薄く軽くなって新登場。カメラも付いたので写真も撮影可能だ(画像クリックで拡大)

(文/戸田 覚)