2011年2月24日、NTTドコモがスマートフォン3機種「Xperia arc SO-01C」(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)、「MEDIAS N-04C」(NECカシオモバイルコミュニケーションズ製)、「Optimus Pad L-06C」(LG エレクトロニクス製)を発表した。製品の概要は「超薄型から“タブレット3.0”まで、NTTドコモが新ラインアップを発表」にて紹介したので、この記事では発表会の会場に展示された端末を実機でチェックしていきたい。

Xperia arc(SO-01C)

2010年にヒットを飛ばした「Xperia」の後継となる「Xperia arc」。液晶を大型化しつつ、いち早くAndroid 2.3を搭載したのが特徴だ(画像クリックで拡大)

 緩やかなカーブを描くデザインを特徴とするAndroid 2.3モデル。本体の最薄部を8.7mmに、重さを約118gに抑えるとともに、鮮やかなピンクのカラーバリエーションを用意し、女性層へのスマートフォン普及拡大を狙う。

 デザイン面だけでなく、スペックの高さも注目できる。液晶は4.2型の854×480ドットで、ソニーがデジカメやデジタルフォトフレームで採用するクリアブラックパネルを搭載していることから、表示はコントラストが高くとても精細だ。コンパクトデジカメで定評のある裏面照射型CMOSセンサーの技術を生かした「Exmor R for mobile」を搭載することで、内蔵カメラの画質も重視した。HD画質の動画撮影機能も備える。

 従来のXperiaと比べると液晶が大型化されたことで、本体サイズは特に背が高くなった。だが、大幅な性能向上が図られたにもかかわらず重量は20g以上も軽くなっているのは評価できる。独特のカーブを描く本体は持ちやすく、従来モデルと同様に人気を集めそうだ。

 おサイフケータイやワンセグなどの日本向け機能は備えない。だが、NTTドコモの山田隆持社長によると、それらの機能を搭載したシリーズ製品の投入も検討しているとのことだ。発売は3月24日で、3月4日から事前予約を開始する。

▼「Xperia」との比較

モデル名 Xperia arc(SO-01C) Xperia(SO-01B)
大きさ 63(W)×125(H)×10.9~11.4(D)mm
(最薄部は8.7mm)
63(W)×119(H)×13.1(D)mm
重さ 118g 139g
3G連続待受時間 約400時間 約300時間
ディスプレイ 4.2インチ(480×854ドット)
クリアブラック液晶
4インチ(480×854ドット)
外側カメラ機能 裏面照射型CMOS(有効800万画素) CMOS(有効800万画素)
OS Android 2.3 Android 2.1
おサイフケータイ
ワンセグ
赤外線
カラバリ Sakura Pink、Midnight Blue、Misty Silver Sensuous Black、Luster White
発売日 2011年3月24日 2010年4月1日

iPhone 3GS(左)と比べると、液晶パネルの大きさが目を引く。パネルはソニー得意のクリアブラックパネルで、コントラストの高い表示が楽しめる(画像クリックで拡大)

美しい弧を描く背面カバー。背面にはカメラのレンズが、側面にはヘッドホン端子が見える(画像クリックで拡大)

カラーバリエーションは、ピンクを含む3色を用意する。ピンクは「Sakura Pink」と名付けられており、女性層の取り込みを狙う(画像クリックで拡大)

底面が美しくカーブする「アークフォルム」と呼ばれるデザインが特徴。最薄部は8.7mmで、見た目の美しさと持ちやすさを両立している(画像クリックで拡大)