スケジュール管理には最適?――miCoach

 こちらはaddidasが提供する無料アプリ。「コーチ」という名前にも現れている通り、何かにつけ「トレーニングのアドバイス」が画面に表示されるのが特徴のアプリだ。「ちゃんとした食事を取っていますか?」やら、「誰かと一緒に走るのもいい」など、アプリにもウェブサイトにも、あちこちに日本語のメッセージが目立つようになっている。フリーランニングだけでなく「30分」などと時間を決めたトレーニングプログラムなど、音声アドバイスに従った豊富なプログラムメニューが用意されている。また、PC上から次回以降のスケジュールを登録しておくと直前にメッセージを送ってくれたり、何日もさぼっていると警告メッセージを発する機能もあるため、モチベーション管理に役立つかもしれない。

シンプルな画面。左上のボタンをタップすると地図画面に飛べる(画像クリックで拡大)

現在地を表示。この地図でなく、衛星写真の上に表示することもできる(画像クリックで拡大)

あらかじめ次のランの日を登録できるスケジュール機能が便利(画像クリックで拡大)

 半面、単純にランニングアプリとして見た場合はシンプルな仕様だ。Renkeeper Proのようにリアルタイムでペースの推移をみることはできず、地図上に現在地を表示することはできるが、その度に小さなボタンをタップする必要があるためやや操作しにくい。しかし、単なる地図でなく衛星写真を見ながら走ることができるのは、このアプリだけの面白い趣向といえる。ソーシャルメディアとの連係も弱く、ツイッター、Facebookのどちらにも自動ポストはできない。

 ユニークなのは、自分の愛用するランニングシューズを登録しておくと、走行距離に応じて「そろそろ交換が必要です」と教えてくれる機能。機械的に、累積483km(300マイル)になったら教えてくれるだけの機能だが、人によっては便利かもしれない。

常に自分のペースが表示されていると、つい意地になって速くなるものだ(画像クリックで拡大)