2011年2月8日、富士フイルムは新製品発表会を開催した。新製品の目玉は、APS-Cサイズの1230万画素CMOSセンサーと35mm判換算で35mm相当の単焦点レンズを搭載した高級コンパクトデジカメ「FinePix X100」だ。そのほか、新開発のEXR CMOSセンサーを搭載する「FinePix F550EXR」や、5m防水などのタフネス設計にGPS機能を搭載した「FinePix XP30」なども発表した。

APS-Cサイズの大型センサーを搭載したクラシック調デジカメ「FinePix X100」

 今回の新製品でもっとも注目なのが「FinePix X100」だ。多くのデジタル一眼レフカメラと同じAPS-CサイズのCMOSセンサー(約1230万画素)を搭載。レンズは新開発の23mm/F2の単焦点レンズで、35mm判換算では35mm相当となる。想定実売価格は13万円前後で、世界に先がけて日本で3月5日発売予定。スペシャルサイトもオープンする。

APS-Cサイズの大型CMOSセンサーを搭載するレンズ一体型の高級コンパクトデジタルカメラ「FinePix X100」(画像クリックで拡大)

「FinePix X100」の4つのポイント。世界初というOVF/EVF切り替え可能なファインダー、明るい単焦点レンズ、APS-Cサイズの大型センサーなどが特徴だ(画像クリックで拡大)

 ファインダーは、視野率90%の光学ファインダー(OVF)と144万ドットの液晶パネルを使った電子ビューファインダー(EVF)を切り換えて利用できる、世界初の「ハイブリッドビューファインダー」を搭載。光学ファインダー上に、シャッタースピードや絞り値などの情報を重ねて表示できる。被写体をクリアに見られてタイムラグのない光学ファインダーをふだん利用し、露出やホワイトバランスの効果などを確認しながら撮影したい場合はEVFを利用する、といった使い分けができる。

高級レンジファインダーカメラに搭載されている逆ガリレオ式のファインダー構造をベースに、液晶パネルの画像をプリズムで合成している。これにより、OVFに撮影情報などを投影したり、OVFとEVFの切り替えを可能にしている(画像クリックで拡大)

レンズは6群8枚で、使用頻度の高いF4~F8での周辺解像度を高めた設計になっている。絞り羽根は9枚、最短撮影距離は10cm。35mm判換算で35mm相当の画角になる。いわゆる標準レンズと呼ばれる画角で、幅広い被写体に対応できるという(画像クリックで拡大)

APS-Cサイズは、エントリーからミドルクラスのデジタル一眼レフカメラで多く採用されているセンサーサイズだ。画質面ではデジタル一眼レフ並みの画質が期待できる。写真の周辺部が暗くなるのを防ぐために独自の工夫が凝らされている(画像クリックで拡大)