昨年から、ミニシアターの休館が相次いでいる。今年に入り、1月28日に恵比寿ガーデンシネマ(1994年開館)が休館し、シネセゾン渋谷(1985年開館)も今月いっぱいで四半世紀の歴史に幕を下ろす。日本のミニシアター文化をけん引してきた二つの映画館がなくなることは、映画ファンや業界関係者に少なからずショックを与えている。

 ミニシアターとは、その名の通り座席数の少ない小さな映画館のこと。上映される映画作品も特徴的だ。ハリウッドや日本の大手映画会社の娯楽大作ではなく、どちらかと言えば娯楽性の低いインディペンデント系の作品がその中心だ。例えば、シネセゾン渋谷の歴代の上位ヒット3作は、フランス映画の『レオン 完全版』(1996年公開)、スペイン映画の『オール・アバウト・マイ・マザー』(2000年)、そして日本映画の『PARTY 7』(2000年)。だが2000年代に入り、シネマ・コンプレックス(複合型映画館)の都心への進出などもあって、ミニシアターの集客力は弱まっていた。

1985年に開館したシネセゾン渋谷も2月いっぱいで閉館する(画像クリックで拡大)

 シネセゾン渋谷を運営している東京テアトル広報の高原太郎氏は「ミニシアター文化がそもそも10年前に終わっていた」と話す。

 「宣伝費を抑えて芸術性の高い映画を長く上映するという旧来のミニシアター文化は、2000年前後からほとんど機能しなくなっています。90年代までは、有名な監督の映画や、映画祭で賞をとった作品がヒットしやすかったのですが、今はそうではありません。ストーリー性や感情フックの強い作品のほうが、インディペンデントの作品においても受け入れられやすくなっています。今まさにシネセゾン渋谷でヒットしている『キック・アス』も、そういうタイプの作品です」。

 昔と比べると、若者がミニシアターから離れている傾向もあるという。

 「少子化などもあり原因は一概には言えませんが、若いお客さんはたしかに減っていると思います。90年代までのミニシアター文化は若い人が引っ張っていました。大学生から20代後半くらいまでの方です。その方々が現在40代になって、映画を観なくなっている傾向はあると思います」(同社映像事業本部編成部・赤須恵祐氏)。