Windows 7の活用テクニックや人気コラムをピックアップ。時間に余裕のある冬休みの間に、Windows 7の基本的な使い方から応用テクニックまでをマスターしよう。

【人気コラム】

 Windows 7には32ビット版と64ビット版がある(Windows 7 Starterを除く)。Windows XPまでは32ビット版が主流だったが、Windows 7では64ビット版が主流になっている。Windows 7では、パッケージ版に32ビット版と64ビット版の両方のディスクが入っている。32ビット版と64ビット版の違いを整理して、どちらを選んだ方が賢いのか検証した。

 Windows 7は、1世代前のWindows Vistaに比べて動作がずっと軽い。アップグレードインストールも可能なので、Vistaユーザーは素直に乗り換えた方が良い。2世代前のWindows XPからの乗り換えは悩ましいところだ。メモリーが1GBのパソコンだと、Windows 7よりWindows XPの方が動作は軽快だ。しかし、メモリーが2GB以上だとほぼ差は感じなくなる。デュアルコアCPUと4GBのメモリーを搭載したパソコンにWindows 7とWindows XPをインストールして、どちらが快適に利用できるか検証した。

【活用テクニック】

 デスクトップ環境、タスクバー、スタートメニューについて、目的別のテクニックを紹介する。

※上の記事は、昨年1月に掲載した「Windows 7活用テク」です。