21.グラフや画像で表示・非表示を切り替える

 文書にグラフや画像がたくさんあってほかの部分が見づらい場合は、グラフや画像を一時的に非表示にしておこう。「オブジェクトの選択と表示」を利用すると、オブジェクトごとに表示・非表示を切り替え可能だ。表の数字を確認する場合などに便利なので覚えておこう。

Excel、Wordでは、「ページレイアウト」タブをクリックして「オブジェクトの選択と表示」をクリックする。ウィンドウ右側にページにあるオブジェクトが一覧表示されるので、非表示にしたいオブジェクトの右側にある目のアイコンをクリックする(画像クリックで拡大)

オブジェクト(グラフや画像)が非表示になる。削除したわけではなく、もう一度オブジェクトの右側のアイコンをクリックすれば表示される(画像クリックで拡大)

PowerPointの場合は、「ホーム」タブを開いて「選択」をクリックすると、表示されるメニューの中に「オブジェクトの選択と表示」がある。クリックしたあとの操作はExcelやWordと同じだ(画像クリックで拡大)

(文/湯浅 英夫)