18.文書ファイルをPDF形式で保存する

 会社内で書類をPDFファイルでやり取りする機会は多い。電子書籍端末やタブレット機器などでPDFファイルを扱う機会も増えつつある。Office 2010には簡単にWordやExcelをPDF化する機能があるので、ぜひ覚えておきたい。

「ファイル」タブをクリックしてバックステージビューを開く。「保存と送信」→「PDF/XPSドキュメントの作成」をクリックし、「PDF/XPSの作成」ボタンをクリックする(画像クリックで拡大)

保存先のフォルダーを指定したら、「ファイルの種類」でPDFを選択して、「発行」をクリックして保存する(画像クリックで拡大)

Office 2010のソフトで作成した文書ファイルを、PDFファイルとして保存できた。PDFを読めるソフトがあれば、Officeがなくても開ける(画像クリックで拡大)