17.使いやすいオリジナルのリボンを作る

 「リボン」はOffice 2007から導入されたユーザーインターフェースだ。Office 2003まではツールバーをカスタマイズして、使いやすい機能をまとめられた。これと同様に、使いやすい機能を集めたオリジナルのリボンを作れる。カスタマイズしたリボンをエクスポートすれば、別のパソコンでも利用可能だ。自分の使いやすいようにカスタマイズしよう。

リボン上で右クリックする。右クリックメニューが表示されたら「リボンのユーザー設定」を選ぶ(画像クリックで拡大)

オプション画面の「リボンのユーザー設定」が表示される。新規にリボンを作成したい場合は「新しいタブ」をクリック。既存のリボンをカスタマイズしたい場合は、そのリボンの名前をダブルクリックする(「+」部分をクリックしてもよい)(画像クリックで拡大)

作成した「新しいグループ」をクリックする。ウインドウ左側でプルダウンメニューを開き、リボンに入れたいコマンドをクリックして選択し、「追加」をクリックする。ウインドウ右側で選択中のグループに、そのコマンドを追加できる。コマンドを削除したい場合は、ウィンドウ右側で削除したいコマンドを選択して「削除」をクリックする(画像クリックで拡大)

この作業を繰り返して、リボンを作成する。ほかのパソコンでも作成したリボンを使いたい場合は、「インポート/エクスポート」をクリックして設定を保存し、適用したいパソコンで読み込む(画像クリックで拡大)