マイクロソフトが今年の夏に発売した「Office 2010」シリーズ。発売開始から約半年が経ち、既に多くの人が利用しているはずだ。大手メーカー製のパソコンの多くには、「Office Home and Business 2010」が採用されており、Excel、Word、Outlookに加えて、PowerPointやOneNoteを使い始めた人もいるだろう。

 Officeと言えば、仕事用のソフトと思う人もいるだろうが、画像の切り抜きや加工など、趣味にも使える便利なソフトだ。見た目はOffice 2007と似ているが、変わっている部分も多い。Office 2010の多くのソフトに共通する便利な技を3回に分けて紹介する。

 1回目は、Office 2010の基本的な使い方や、素早くソフトを終わらせる技、画像の切り抜きなどを紹介しよう。

1.バックステージビューでファイルを操作する

 Office 2007からOffice 2010になり、ユーザーインターフェースで大きく変わったのが「バックステージビュー」だ。

 バックステージビューとは、ExcelやWordなどの文書ファイルを管理する画面のこと。この画面から新規作成、保存、印刷、送信など基本的な操作ができる。新しい文書ファイルを作成する場合は、まずはバックステージビューを立ち上げよう。ツールバーの左端にある「ファイル」をクリックすると表示される。

Office 2007にあったオフィスボタンはなくなった。その代わりになるのが「ファイル」タブだ。ここをクリックする(画像クリックで拡大)

バックステージビューが表示される。ここで新規作成や保存、送信、共有設定などができる(画像クリックで拡大)

ここから印刷もできる。ウインドウ右側には印刷イメージがプレビュー表示される(画像クリックで拡大)